最近の投稿
最近のコメント
表示回数の多いページ

Author Archive

飛び石にやられちゃったー!!でもDIYでガラスリペアやってみたら結構いい感じに修復できたでぇ〜(埼玉特派員レポート)

小生の尊敬する師匠から特派員レポートがやってまいりました!
会社では結構、偉い人なんですが、なんでもDIYしちゃうスゴイ人なんです。。。

( いつもマニアックなコメントをいただける「しゅう師匠」で、 今年は猛暑!19万キロを超えたE51エルグランド君のエアコン冷媒をDIYで補充してみた!でも登場します!

ちなみに師匠も小生もコンピュータ会社勤務で、こういうことは本職でないんですよ。。。 仕事をまちがえました。。。)

 

今回は、ランエボとツインの2台持ちの師匠がフロントガラスリペアに挑戦した成功例のご紹介です。

さすが師匠ですわ!

 

 

埼玉特派員報告です。
9/9の埼玉南部は朝から快晴です。

こんな日にはお出かけしたいのですが、気になるところを始末してしまわないと被害が大きくなっちまうので、ジャジャーン!!がらすりぺあきっとぉー!

 

 

ひび割れ 補修 フロントガラス リペア キット
2ヶ所分/REP01[メール便発送、送料無料、代引不可]【YDKG-kd】【smtb-KD】[その他CA][便利]
02P03Dec16

価格:600円
(2017/9/11 11:42時点)
感想(5件)

特派員はデカいのとチビっこいの2台持ちなんですが、先週別件でイジイジしていたら、どっちもイヤァー!何これ??に気づいてしまったんですよ。
確かに、東北道とか常磐道とか首都高とかそれなりに走っていて、たまにパキッ!とかピシッ!ていう音は聞こえてたんだけど、気にはなってもマジマジと確認してなかったんです。
ということで、今回はガラスリペアキットを使ってフロントガラス修理×2いってみよー!

まずは、デカい方です。横一直線に割れて交換した実績があり、大枚はたいて交換した2枚目。それでも小さな欠けがところどころ既にあるのですが、見つけちゃったのがコレ!!

たぶん、お盆帰省の帰りに気持ちよく追い越しかけてた時にパキッ!っていったやつだと思います。少し引いた画像はこちら。

車の前からフロントガラスに向かって右下。ガラス修理屋さんによっては拒否られそうな場所です。

レジンは嫌気状況下で紫外線で固まるので、日陰になるまでの時間で前準備を開始します。
まずは、お掃除です。

とりあえず、衝撃を受けて欠けた表面を押しピンの先でカリカリして少し広げます。

レジンが入り込む隙間を開ける感じですね。あんまり大きくすると仕上がりが目立つようになるのでホドホドにしときます。
私の場合はこの状態でジッポのオイルをふりかけつつペーパータオルでフキフキしてます。
ホコリ除けとして別作業で使ったアルミテープを軽くペタッと貼って日陰になるまで放置です。

で、チビっこい方の状態はコレ。

衝撃点からシロサギが羽を広げたように逝っちゃってます。

写真撮る手が映り込んでますけど、真ん中の白く見えてるところです。
写真右方向がボンネットで、ワイパーリンクを隠すカウルトップを既に外した状態です。というかカウルトップを外さないと修理できない位置にくらってます。室内側はセラミックラインなので、レジンが浸透しているかどうか状態確認ができないところです。ショップでは完全に拒否られると思います。

そそくさとお掃除です。激しくガラスが弾けているように見えますが、薄い広がり方向のクラックですので、ちょっと針先を当てただけでこの有り様です。裏が見れないだけに難易度高そう・・・。こちらも、ジッポオイルで洗浄して乾燥待ちです。

日陰になるまで暇なので、他の作業の一部をチラ見しませう。

さっきのデカい方の修理地点のちょっと右側、Aピラーに突き当たるガラスの端っこに何やら銀色のテープを貼っています。TOYOTAさんのマネっこしてあちらこちらに貼っていきます。
もちろん、チビッこい方も目立つか目立たないかのところにビシバシ貼ります。
とても安価ですのでプラシーボでもいいやって感じでペタペタ、日陰になるまで内職します。

日陰になりましたので、本番スタートです。まずはデカい方。

傷を中心として両面テープをしっかり貼ります。ここで手を抜くと後でレジン漏れが起きてしまいます。

そして、レジン注入マウントの貼り付けです。こちらも念入りに貼り付けます。

レジンを5~6滴マウンターの中に入れてから、付属のシリンジで目いっぱい負圧をかけます。私の場合は負圧状態をテキトーに繰り返して(ポンピング5,6回ぐらいか?)から最大負圧で15分放置しました。

レジンは紫外線により硬化する樹脂ですので気休め程度ですが、エリマキを巻いてあげてます。

今度は20分ぐらいの加圧です。両面テープがしっかり貼られていないと20分持たずにレジンがダダ漏れしてきます。今回も(ヲゐヲゐ何回目じゃ?)漏れちゃていた様ですが・・見えていないということは事象が発生していない理論で進めます。
両面テープの剥がれてレジンが漏れる原因ですが、高温域の粘着性能によるところが大きいと思います。特に今のような夏場は苦手のようでしっかり貼ったつもりでも剥がれちゃうんですよね。

日陰とはいえ、ブラウン運動を抑える温度には下がらなかったようで、、、

ブラウン運動を抑制できなかったおかげで、マウント剥がすのは楽でした。力をかけるとピシッ!と逝っちゃう可能性を否定できないのでスクレーバー使って慎重に剥がしてます。この時点でもレジンは流れる粘度です。裏からみても浸透したように見えたので仕上げにかかります。

傷口に一滴レジンをたらして、付属のP.Pらしきシートをかぶせます。表面張力というか界面張力でジワーっと広がりますがさらにスクレーバーでちょっとだけ広げます。

 

送料無料 ( メール便 ) 訳あり特価! 紫外線ライト LED21灯
UV光照射 ハンディライト 宝石鑑定・カビや汚れ確認・硬化・蛍光反応等に 【 UVライト ブラックライト 紫外線硬化 リペア LEDライト
懐中電灯 夜釣り 仕掛け ルアー 】 送料込 ◇ 紫外線ライト

価格:598円
(2017/9/11
14:44時点)

感想(85件)

何やらおもむろにやっちゃってますが、UV-LEDライトです(だって安かったんだもん!)。
これで固めます。いやー速い安い!!! 過去修理時は夕日を追っかけたりしたこともあるので、次も心配無いけど・・使わないことを祈るしかないですよね。
UVライト、普段使いはブラックライトという意味でいろいろ使い道ありますよね。(漂白剤のムラの確認とか、壁のシミ見つけるとか、蛍光ペンでPOP作るとか・・・ねぇョSST好きなだけですよ・・)

仕上げにかかってます。キット付属の安全じゃないカミソリでレジンをそぎ取っていきます。傷口部分は黒板を爪でひっかくような立て気味の角度、さらに、ガラス面の上下方向と刃を平行にするのがコツだと思います。(上下方向にそぎ取ると凹みます)

針先のちょい右側がクラックのあった場所です。なんかうまく行っちゃった感、満足度120%ぐらいです。
これに気を良くして、チビっこい方も行ってみよー!!

両面テープ貼りですね。保護シートがヨレヨレしているのが気合の証拠です。

マウンターは使いまわしです。ジッポのオイルで脱脂してから貼りました。レジンを注入中です。

負圧を目いっぱいかけて放置プレイ(アルミテープのペタペタ内職は継続してます)

ちなみにこっちの温度・・まだ、高いです。

せっかくカウルトップを外したので、ついでの整備です。
真ん中ちょい左は助手席ワイパーのシャフトです。右上に見えてるのはモリブデンペーストってやつです。浸透力が結構あって揮発成分が抜けるとかなりの長時間にわたって潤滑してくれるヤツです。プシュっとジワっとシャフトに染み込んでいきます。運転席側もやっときました。さらに、ボディパネルのつなぎ目が薄茶色になっていたので、軽いケレンで済む浸透性さび転換剤(染めQさんの必殺です)も塗っちゃいました。適当に落ち葉や泥もささっと掃除して液体ワックスを見えるとこにだけかけときました。(アルミテープの重さ分は軽量化したはず)

映り込んだ日差しがかなり低くなって来ちゃってますが、加圧工程に入りました。さらにこの裏で内職を続けてます。

ちょっとすっ飛ばしてUV攻撃に入ってます。映り込んだ雲が夏の終わりを感じさせてくれます。

内職も進んでます。

削ぎ落としもすっ飛ばして、最終状態です。まぁ、いいんじゃないかな。

ということで、一気に2台のガラス補修をしてみたのですが、素人修理の範囲じゃ上出来だと思います。
かかった費用は、リペアキット¥500-、UV-LEDライト¥980-、ジッポオイルとペーパウエスと接写用レンズは手持ちです。2台のガラスの出来栄えとプラシーボ系内職の複合作業でかかった時間は5時間ぐらいです。自己満足の世界でオッケーでしょ?あースッキリした!!

以上、埼玉から特派員がお届けしました!
また、何かネタできたらレポートしますねー!

Pocket

アップガレージでGETした3KJエンジンの状態をみてみたら。。。なんと良い方向に期待を裏切ってくれました!アップガレージは最高です!

先日の夏休みの帰省の時に、アップガレージ名古屋中川店に寄り道して超激安でGETした3KJエンジン!!!

(詳しくは、クルマやバイクなどのメカ好きにはたまらないパラダイスを発見!アップガレージで3KJエンジンとE51エルグランドのリアガーニッシュをGET! を見てね!)

帰省から戻ってきたので、完全にオーバーホールをする計画をするために、とりあえずは状態をみてみて、交換せねばならぬ部品を洗い出しちゃいます!

どうせ、2990円でGETしたエンジンなんで、多くの部品を交換せにゃいかんやろうしね。。。

今となっちゃ貴重な2ストロークエンジンやし、完全にオーバーホールして、20年以上前のパワーを甦らしてやろうやないの!!!

 

という意気込みで。。。とりあえず。。。

エンジンがちゃんと動くために重要な部品のシリンダ、ピストンから攻めて見ます。。。

 

とりあえずシリンダヘッドから。。。

ちゃんと、液体ガスケットで密着させて、圧縮をつくってますねー。。。

よーく見ると、エンジンを作動させた直後じゃないから何ともいいにくいけど、プラグもヘッド内部もオイルまみれ!

ちょっとカブリ気味で稼働させたんやないかと思われるような状態かと思いきや、プラグの焼き加減はいい感じのきつね色!

シリンダ側の状態はこんな感じ。。。

ピストンヘッドは真っ黒!

まあこんなもんでしょ。

シリンダを抜いて、ピルトンの状態はこんな感じ。。

んー。。。キズもなく、圧縮モレもないと思われるくらいきれいな状態!

シリンダ内部もダメージになるようなキズは一切なし!

インテーク側からの様子。。。

クランクなんかも特に問題はないみたい。。

ちゃんと純正YAHAMAのシリンダー。。。

なので、当然ながら49ccのボアアップなしの状態!

おおーーーーーー!燃焼系はバッチシ!

何の交換の必要もない状態!

これは期待できるエンジンです!!!

 

続いて今度は、駆動系!

こちらも、もう新品やないかいなと思えるほどきれいな状態!

ベルトなんてもう新品そのもの!

プーリーもウエイトローラーも全て純正品で、ウエイトローラーなんて全くの新品そのもの!

 

前オーナーさんが交換した状態のまま保管されていたのかと思えるほどほぼ完璧な状態!!

当初は、どうせボロボロやろうから全部オーバーホールして完璧にしてやろうと計画してましたけど、これはそのまま使う方がいいという結論になり、現在使っているエンジンをオーバーホールすることにしました!!!

こんな状態の良い3KJエンジンを2990円でGETできたことは本当にラッキーです!

 

アップガレージ 名古屋中川店さん!ありがとうございました!

 

もうちょっと涼しくなったらスワップさせちゃいます!

後日、乞うご期待!

Pocket

クルマやバイクなどのメカ好きにはたまらないパラダイスを発見!アップガレージで3KJエンジンとE51エルグランドのリアガーニッシュをGET!

今年もお盆の時期がやってまいりました。。。

無宗教の小生にとっては、何の意味もないイベントではあるものの、世の中は夏休みシーズンとなることに合わせて、小生も夏休みです。。。

 

 

先日、ネットをウロウロしていると、メカ好きにはたまらないお店を発見!

 

アップガレージってお店です!

 

このお店には、クルマやバイクなんかの中古部品を販売していて、中でも訳ありパーツは、ちょっとした修理ができる方々であれば、もう超激安で部品を調達できます。

小生も間違いなく、そちら側のちょっとした修理をするのに生き甲斐を感じるタイプなので、もうこういうお店はパラダイスです。

自宅の近くにもあるみたい。。

 

とりあえず、サイトの在庫商品を探してみると。。。

 

3KJエンジンがなんと2990円!!!

E51エルグランドのリアアッパーガーニッシュが1990円!!!

 

もう、最高です!

お宝の山!!!

 

しかも、3KJエンジンは名古屋中川店、E51リアアッパーガーニッシュは大阪門真店といずれも、今回の夏休みで大阪に帰省する時の経路で寄っていける範囲!!

 

もうこれは寄ってGETするしかないということで。。。

 

GETしちゃいました。。。リアガーニッシュは、以前に試作品として作ってみた流れるウインカーにでもしてみましょうかね。。。

(詳しくは、祝!『流れるウインカー』解禁!ということなのでちょっと作ってみる!(とりあえずブレーキランプを流してみる実験編 を見てね)

 

3KJエンジンは、今のパワー不足なエンジンをスワップさせるために、全部オーバーホールしてバリバリに仕上げましょうかね!

(以前はこんなことやってます!3KJ君のメンテナンスでもやりましょうかね。。。  とか もう27年もの!3KJ JOG君のエンジンオーバーホールをやってみた!

 

お得なパーツをGETでき、秋に向かって、かなり楽しみができました!

すんばらしいお店で超おすすめ!

Pocket

今年は猛暑!19万キロを超えたE51エルグランド君のエアコン冷媒をDIYで補充してみた!

今年は、ほんとに猛暑でえげつない高気温が続く毎日。。。
すでに19万キロを超えたE51エルグランド君も、お盆の夏休みに帰省時の暑さを乗り越えることができるのか、少々心配です。。。
先日のラジエラー破裂事件の時に汗だく状態となったこともあり、あれに懲りたんで、今回はエアコンを点検しておくことに。。

すでに10年を超えた車歴になっちゃってるんで、エアコンの冷媒も、コンプレッサーオイルも不足ぎみであろうということで、補充してみちゃいました。

 

ディーラーやカーショップなんかでやってもらえば1万円くらいはかっちゃうんで、ビンボーサラリーマンは、当然、DIYで実行する方法で考えます。

 

カーエアコンの冷媒やオイルを補充するためには、専用のツールであるマニホールドゲージというものが必要となるわけで、当然、小生は持ってないんですね。。

でも、小生には公私ともに尊敬する、車イジリが大好きなしゅう師匠がいるので、相談してみると、”持ってるよ!”とのお答え。。

しゅう師匠は何でも持ってます。

(ちなみにしゅう師匠も小生も、コンピュータ関係のエンジニアなんですね。。なのに、マニホールドゲージまで持ってるというとんでもない人なんですよ。。。)

こんな立派なマニホールドゲージ!!

もうほとんどプロ仕様です。。。

 

【最大1000円OFFクーポン】【2017入荷】エアコン ガスチャージ マニホールドゲージ & 真空ポンプ 逆流防止機能付き セット R134a R22 R410a R404a 冷媒 クーラー 送料無料 [エアコンガスチャージ 空調 補充 ゲージマニホールド バルブ 高圧 低圧] A68N05 AT008D

価格:10,440円
(2017/8/13 22:04時点)
感想(152件)


これを拝借して、今回は。。。

モノタロウで調達したコイツを注入します。

冷媒がどれだけ抜けてるか分からなかったので、とりあえず30ml缶を入れてみて様子を見ることに。。。

ちなみにE51エルグランド君の冷媒は、R134aです。

カーエアコン ガス 冷媒 R134A 【1本】クーラーガス エアコンガス ※メーカー指定できません。 【ゆうパケット不可】

価格:230円
(2017/8/15 13:46時点)
感想(72件)

 

冷媒を注入するには、低圧側のバルブから注入するワケなんですが、E51エルグランド君の低圧側バルブは、エンジンカバーの裏側にあるので、まずは、エンジンカバーを外します。

外して、低圧側に。。。

こんな感じで、コネクターを取り付けます。。。

それを、マニホールドゲージに。。。

こんな感じでつなげます。

黄色いラインには冷媒をつなげて、高圧側は今回はつなげないので、バルブは閉めておきます。

 

接続が完了したら、低圧側のコネクタにつながったバルブを一旦、締め込んで、冷媒缶に穴を開けて、全開させます。

その後に、マニホールドゲージの青いバルブを開け、冷媒缶を振ります。。。

そうすると、冷媒缶の冷媒が流れ込んでいって。。。

作業完了!!!

ほぼ全量が流れ込んで。。。

内部圧力が、45psiになりました。。

 

これは、ほぼ上限ギリギリのようなので、ちょうどよかったですね。。。

 

これで、冷媒注入は完了!

 

エンジンかけてエアコンをON!!!!

 

明らかに涼しい風が出てくるのと、コンプレッサーの動作音もいくぶんかは静かになりました!!!

 

冷媒費用500円で大きな成果です!!!

これで今シーズンの猛暑も乗りきれるかな???

 

しゅう師匠!!!

ありがとうございました!!!!!!!

またよろしくお願いいたします!!!

 

〜後日追記〜

マニホールドをお借りした師匠が、ランエボとツインのフロントガラスリペアを実行されたとの特派員レポートをいただきました!

こちらもオススメです

 

飛び石にやられちゃったー!!でもDIYでガラスリペアやってみたら結構いい感じに修復できたでぇ〜(埼玉特派員レポート)

Pocket

今年は猛暑!オーバーヒートには要注意!ラジエターが破損して人生初のレッカー搬送を経験しちゃいました!でもDIYでラジエター交換して何とか復旧!

7月も終わりかけたとある暑い日。
その日はいつもの暑さに、さらに暑い今シーズン最高気温をマークした日でもありました。
夕方になっても気温は33℃くらいもあり、さらに湿度も高いという最悪な気候で、いつものように、職場から帰宅するために、E51エルグランド君を快調に走らせてました。。。

いつもの通勤道で、これまたいつものところで渋滞となり、しばらくアイドリング状態で渋滞を抜けるのを待っていると。。。
突然、タコメータが2000回転位のところから500回転位までを大きく波打つよう状態!!!

んッ!なんじゃこりゃー!
とインパネ内をシゲシゲと確認してみると。。。

水温計が振り切って、エンジン警告ランプが点灯しちゃってます!
(焦りまくってましたので、当然のことながら写真はありません!撮っときゃよかった・・・エンジン警告灯はこのマーク!)

ゲゲゲ!!
こりゃヤバい!ってことで、ちょうど反対車線側にあったコンビニの駐車場に緊急避難!

すぐにエンジンを停止させて、とりあえずボンネットを開けてみると。。。

 

なんと、ボンネットの中が水びたし状態!

 

おそらく、オーバーヒートとなって、ラジエターキャップの弁が開いて冷却水が噴射しちゃったんでしょう。。。

まぁこの状態じゃ水温が高すぎて何もできんということで、ボンネットを開けた状態で放置して、水温を下げてから原因を究明してみることとに。。

 

1時間ほどたって水温が下がったであろうとういことで、とりあえず、ラジエターキャップを外して冷却水の様子を見てみると。。

まぁ沸騰して噴射しちゃってるんで冷却水は見えません・・

とりあえず、コンビニの駐車場に止めさせてもらってご迷惑をおかけしちゃっているということもあるので、2リットルの水を購入して不足分の冷却水を補充することに。。

 

でも、ジョボジョボ入れてもなぜかいっぱいにならず、地面を見てみるとビシャビシャになっちゃっている。。。

 

ありゃりゃ!!!

こりゃどこかから漏れちゃっているということが分かっちゃいました!!

 

有名な緑山スタジオ近くの現場から自宅までは約10キロ!

こうなると、もう10キロの自走は無理ということで、保険に付帯していたロードサービスを活用させていただき、レッカー搬送してもらうこととなりました。。

 

この状態なんで長時間の間、車のエンジンをかけられないということで、当然、エアコンも回らず、蒸し風呂のような暑い日だっただけに、もう汗だくの状態で待つこと約30分!

快く引き受けていただいた、青葉ロードサービスさんが到着!

 

もう神様のように後光がさされているように見えました。。。

 

もう、この手の作業は慣れたものというように、実に手際よく、さらに、汗だくの小生へのお気遣いも頂き、時間にして約数分でレッカーへの搬送が完了!

小生もレッカー車に同乗させていただき、自宅まで搬送していただきました。

(近頃のレッカー車ってスゴイです!まるでヒーロー物に出てくるようなロボットのようです!こんなのとか!メカ好きにはたまりません!)

 

この時期は、やはりオーバーヒートでの出動が大変多いとのことだそうです。

他の出動要因とも合わせると1日で約50件!多い日だと100件もお一人で出動されるとのこと。。

大変なお仕事です。。。その出動要因を作っちゃってほんとすみません!

大変なお仕事とは思いますが、クルマ社会では、このようなお仕事はなくてはならないお仕事!こういう方がいらっしゃることで、車社会が安全に、さらに便利に暮らせているということを改めて実感できました!(本当に助かりました!ありがとうございました!)

 

なんとか、自宅にまで搬送できたので、一安心。。。

とは言っても、通勤で使っている車がこんなことになっちゃったんで、これを直すまでは、地獄のバス&電車通勤。。。

普段の車通勤だと約20分のところをバス&電車だと、早くて1時間30分!乗り継ぎが悪いと2時間位かかっちゃいます!

週末までの2日間はしょうがなし。。。。

 

ようやく週末となり、原因究明に着手!

昼になるとうだるような暑さになることと予測し、まだ薄暗い午前4時から着手することに。。(他から見たら明らかに不審者です!)

当日の現場は、既に夕方となっていたので周囲は暗く、よく見えなかったんで、もう一度、ラジエターに水を入れて、下に潜って漏れている場所を特定してみることに。。。

 

見てみると、安く簡単に修理できると神に祈っていた、ロアーホースからの漏れではないことが分かっちゃいました。。

ならば、アッパーホースは。。。

こっちも問題無し。。。

 

となると、直すのに大きなコストがかかるラジエター本体と言うことが確定しちゃいました。。

 

しゅう師匠から教えていただいた、いつもの partfan.com でE51エルグランド君のラジエター品番と参考価格を調べてみると。。。

純正品だと約90000円!

これに作業費用を加えるともう10万円を軽く超える金額!

もうこれは自分で直すしかないということを決意しました!

 

最近は、純正品以外のラジエターは容易に入手することが可能な時代なので、当然ながらサードパーティー品を調達することに。。。

いろいろとググってみるとありました!

 

【1年保証】【新品】エルグランドラジエーター E51・NE51 A/T (21460-WL000・21460-WL010・21460-WL500)

価格:16,600円
(2017/8/12 18:44時点)
感想(0件)

17時までの発注だと当日発送ということで、即発注!



翌日に到着したのがこれ!

純正品の1/4くらいの値段で入手できました。

 

部材は入手できたとはいえ、なぜ、オーバーヒートとなったのかが気になります。。

なので、いろいろと考えてみます。。。

 

まず、オーバーヒートするということは、水温を下げられなくて沸騰しちゃったわけで、水温を下げるためには、ラジエターファンが回るはずなんですね。。。

そういえば、ラジエターファンといえば、以前に、回りっぱなしになるという事象を解決するためにファンコントローラーを交換したことがあったことを思い出す。。。

(詳しくは、E51 エルグランド君のエンジン音が大きくなったと感じたらラジエーターのファンの状態を確認してみよう!ファンコントロールモジュールを交換してみた!

 

まさか、このファンコントローラーがもう壊れちゃったんじゃないかっと嫌な予想が。。。

 

水温が低い状態でも、エアコンをONにすると、ファンは回るはずなので、恐る恐るエンジンを掛けて、エアコンをつけてみると。。。

 

回りません…

 

原因確定です。

前回は、常に回りっぱなしになるラジエターファンでしたが、今回は最悪の回らないラジエターファンとなってしまい、オーバーヒートしたということですね。。。

 

激安に惹かれて中国産ファンコントローラーを購入してしばらくは問題がなかったものの、ニッポンの猛暑の暑さには耐えきれなかったようです。。。

 

ということで、今回は純国産のファンコントロールユニットを合わせて調達!

ファンエレクトリックコントロール MPV LW3W L5101515Y (L336-15-15YA) マツダ純正部品

価格:7,560円
(2017/8/12 18:50時点)
感想(0件)

日産の部品リストにはなぜかこのユニットの品番は出てこず、互換品のマツダの純正品を調達することに。。。

で、きたのがこれ!

左側が新しいもので、外装が違いますね。。

外装が金属となり、放熱効果が期待できそうです。。。

(値段は5倍近くしましたが、今回の件で懲りました。。)

右側が最悪の結果を招いた、中国産コントロールユニット。。。

 

いよいよ、ラジエターとファンコントロールを交換することに。。

 

まずは、ラジエターから。

 

ラジエターを交換するには、まずは冷却水を抜き取ることが必要です。

これは、以前にLLCの交換を何度もやっているので簡単です。

(詳しくは、今年は猛暑!オーバーヒートしないようにやってみよう!意外に簡単!E51 エルグランド君のクーラント(LLC)交換

 

下に潜って、ドレンプラグを緩めると。。

こんな感じで抜けちゃいます。。

 

今回はラジエターの交換なので、ラジエターの中に入っている冷却水さえ抜ければいいので、ドレンプラグから抜くだけで十分ですね。

 

次は、ラジエターにつながっている、ロアーホースの取り外し!

ロアーホースの抜け防止のために締め付けられているクリップがメチャメチャ固いので、モンキーペンチなんかで挟み込んでずらさないと外れません。

クリップを緩めると、結構簡単にホースは外せます。。

ほんとうは、いい機会なので、このホースも交換すればいいんでしょうけど、今回はパス!次回のLLC交換の時にでもやろうかね。。

 

次は、ATFクーラーにつながっている2本のホースの取り外し。。

こんな感じでつながってます。。

これもロアーホースと同じように外します。

ATFからのホースは外すと、ATFがダダモレになっちゃうんで、外したら、クリップのようなもので挟んで漏れないようにしておきます。

 

これで、ラジエターの下側につながっているものは全部とれたので、今度は、上側から攻めます。。

 

上側のアッパーホースは、エアクリーナーの下に隠れているんで、まずは、このエアクリーナーとエンジンカバーを外します。

 

エンジンカバーは3本の袋ナットで止まっているんでこれを外せば簡単に取り外せます。エアクリーナーは、2本のクリップで止まっているんで、これを外して、持ち上げるだけでとれます。

 

取ったらこんな感じ。。

10年にも渡るホコリ、汚れだらけ。。。掃除しよ。。

 

アッパーホースもロアーホース同様にクリップを緩めて取り外します。。。

こんな感じ。。

 

これで、冷却水やATFなんかの汁モノの循環経路のものは全部取り外せたので、次は、ラジエターを固定しているハーネスの取り外し。。

ラジエターの下側は単にゴム製の部品に突っ込まれているだけです。

上側は。。。

こんな感じの部品で固定されているので、これを左右ともに外します。

これを外すには、この部品の上に掛かっているステーを外すとナットへのアクセスが簡単になります。

左右ともにこんな感じでとって、ファンコントロールユニットにつながっている一番大きなコネクタのみを外しておけば、これで、ラジエターを引き抜くことができるようになります。。。

 

ファンユニットとラジエターはボルト2本で止まってるので、予めこれを外しておけば、ファンユニットとラジエターを別々に引き抜けます。。万一のことを考えると、一気に抜くより別々に抜き取った方がいいかもしれませんよ。(コンデンサーなんかに当たっちゃうと簡単に凹みますしね。。)

 

外すと。。

こんな感じで抜けとれました。。(ファンコントロールユニットは外してます!)

エンジンルーム内は広大なスペース(?)ができました。。

いつものお約束。。

新旧を並べてみました。。まぁ汚れ以外は見た目いっしょです。

 

まずは、悪評高きファンコントロールモジュールの交換。。

こんな感じで交換。。

まぁボルト2本と2つのファンのコネクタを接続するだけ。。

簡単簡単。。

 

あとは、取り外しの逆の手順で組み込むだけ。。

 

最後は、冷却水の注入!

【古河薬品工業 KYK】ロングライフクーラント 95% EX 緑 2L LLC-EX 52-006

価格:830円
(2017/8/12 18:55時点)
感想(0件)


(なんと”あきばおー”でも売ってます! ちょっと驚き!)

これも以前にやった方法で簡単簡単

(詳しくは、今年は猛暑!オーバーヒートしないようにやってみよう!意外に簡単!E51 エルグランド君のクーラント(LLC)交換)

 

はいこれで完了!

とりあえず、これでエンジンをかけてみると。。。

 

エンジン警告灯が消えません。。。

 

いろいろググってみると、本来はリセット信号をコンピュータに送り込んで消すらしいけど、それじゃ結局、ディーラーに行ってやってもらわねばならないし。。。

さらにググってみると、バッテリー端子を抜いて10分くらい放置すればリセットされるという情報もあり!

 

こっちを試してみると。。。

 

ちゃんとリセットされて、エンジン警告灯が消えました!

 

やれやれ。。。

これでちゃんと元に戻りました。。

 

後日、取り外したラジエターをシゲシゲ観察してみると。。。

アッパータンクが割れてます。。。

これじゃ高温になるアッパータンクやし、圧力がかかれば漏れるわな。。

 

こんな感じでダダモレ状態。。。

 

19万キロもよく持ったもんでした。

ご苦労さまでした!

 

 

まぁ人生初のオーバーヒートとなり、レッカー搬送まで経験したというとんでもない出来事でしたが、何とか復活できました。

ディーラーでやってもらえば約13万円くらいの修理費用がDIYでやると約4万円!

これに、終わった後のビールの旨さをプラスして楽しくできました。

 

レッカー搬送で大変お世話になりました、青葉ロードサービスさんありがとうございました!

おかげさまでなんとかなりました。

 

なるべくお世話にならないようにしたいところではあるものの、またなんか困ったらよろしくお願いしますね!

 

 

Pocket