最近の投稿
最近のコメント
表示回数の多いページ

Archive for 6月, 2016

簡単簡単!自分でできますよ!DY デミオ君のオイル交換をやってみた! DY デミオ君はほとんど上抜きで抜けちゃいます!

先日のGD1フィットのオイル交換の結果について、部下君とまたもや車談義をしてたら。。。

『私のもやってください!!!』と、また訴えかける部下君が。。。

 

これまた、以前に、DYデミオ君のヘッドライドをHID化した部下君からお願いされてしまった。。。

 

ということで、部下君への福利厚生の一環プロジェクト第二弾!

DYデミオ君のオイル交換も快く引き受けることに。。。。

(とはいっても、自分が楽しめるため。。。シメシメ。。。ということは内緒で。。。)

 

ということで、今回のターゲットは。。。こいつ!

CIMG1468

DYデミオ君です。

CIMG1477

またもや大活躍の自作カースロープに乗っけて作業開始!

 

今回も、交換するオイルは。。。

CIMG1478

ケーヨーD2オリジナルオイルの0W-20です。(お値段1980円!)

添加剤なんかで有名なパルスター社のOEMエンジンオイルですね。

 

これって、本当にいい感じです。。。

きわめてコストパフォーマンスに優れてて、レースでもしないような町乗りショッピングカーなんかには最適です。。。

今回のDYデミオ君も0W-20の指定オイルなので、もう当然のように今回もこれを採用することに。。。

CIMG1469

いつものように、ボンネットを開けて、オイルレベルケージの位置の確認から。。

エンジンカバーのちょっと左側の黄色い輪がオイルレベルゲージ

 

今回は、以前に塩ビパイプでATF交換用に製作したオイルチェンジャーのエンジンオイルでの使用試験も兼ねて実行してみることに。。
(当然そんなことは、部下君には言ってないですけどね。。。)

 

オイルレベルゲージを抜いて、ここへオイル抜き取り用のチューブを入れて、セッティングします。。

CIMG1470

こんな感じ。。。

下から抜けば一発で短時間に抜けるのは十分承知ですけど、小生は、上から抜けるだけ抜いてから、下から抜く派なので、今回も上から抜けるだけ抜いちゃいます。

そうしないと、下から抜くときの廃油の勢いがすご過ぎて、万一、廃油受けの目測を誤ったときの被害はハンパ無いんでね。。

 

自作オイルチェンジャーの負圧発生の原動力は、ダイソーのダブルアクションポンプ!

まずは、これを数回ポンピングして、塩ビパイプ内に負圧を発生させて、エンジンオイルを抜き取ります。。。

CIMG1471

 

すると、ドピャドピャ吸い上がってきます。。。

しばらくして、吸い上げ時にエアーが噛み始めたら、上抜き終了。。

自作オイルチェンジャーは何の問題も無く吸い上げてくれましたから、それなりの効果は得られたことが確認できました!

 

次は、車の下に潜って。。。

CIMG1473

フィルターを一旦、取り外して、フィルター内に入ってるオイルも抜けるだけ抜いちゃいます。。

CIMG1474

フィルターを取ったらこんな感じ。。。

この時に抜けるオイル量は大体、100cc以下くらいです。。

今回は、前回のオイル交換時にフィルターを替えたとのことなので、今回はフィルター交換はせずに、フィルター内のオイルを抜けるだけ抜いて、再度、取り付けちゃうことにしました。。。

 

フィルター内の抜き取りが完了したら次は、オイルパンについてるドレンからの抜き取りへ。。。

CIMG1476

ドレンは、フィルターのちょっと後輪側にあります。

E51エルグランド君のドレンボルトは14mmですけど、DYデミオのドレンボルトは19mm!!!

結構でかいです!

 

これを外す時は、勢いよく排出されるので、廃油受けを着地点を予測してうまく受け止めてください!

 

でも、このDYデミオ君!

オイルの流れが優秀なのか、オイルパンの設計が優秀なのはわかりませんけど、上から抜けるだけ抜いておくと、ほとんど下からは排出されません!

E51エルグランド君の場合には、上抜きしたあとで下から抜いたら、1000cc弱くらいは排出されちゃいます。

DYデミオ君は、上抜きだけで十分ですね。。。

 

抜けたら、ドレンボルトを再度、締め付けて。。。

新油のエンジンオイルを注入して。。。

CIMG1479

レベルゲージを確認しながら、注入。。。

DYデミオ君は、エンジンオイル総量は、4.2L

フィルター交換時は、3.9Lということなので、4L缶一本で十分です。

 

レベルゲージがオイル許容量の最上位くらいまで、オイルが入ったら、エンジンと始動して約5分!

5分たったら、エンジン止めて、さらに約5分程度放置して、再度、レベルゲージで確認!

CIMG1480

おー!ちょうどいい!

ってことで、DYデミオ君のオイル交換は完了!

 

持ち主の部下君いわく、『エンジンの音が静かになりました!!!』って好評のご様子。。。

 

今回も、部下君との仕事以外のコミュニケーションが図れたことは、それなりに大きな成果を得られたと思いますね。。。

 

でも、またもやその部下君には自分が楽しむためにやってるとは知りません!

まぁこれもWin-Winの大成功ということで。。。。

 

(追記!

DY デミオ君の車検を安くするために汁モノ交換をやっといた! でも、なんとマツダ車のブリーダープラグは。。。。

こちらでは汁物3点セットの交換をやってみましたんで、まぁ見てやってください)

Pocket

安心感抜群!廃材のSPFを使ってカースロープを作ってみた

こんなオヤジの備忘録サイトに多くの方がご覧いただきありがたいことです。。。

こんなサイトに訪れる方々の検索キーワードを見てると、『自作カースロープ』というのが多くあったので、ずいぶん前に小生の作ったカースロープをご紹介してみます。

 

ホームセンターに行けば、スタイリッシュで軽いアルミ製のカースロープが売ってたりしてますけど、自作好きな小生はそんなものでは満足できない性分なので、やっぱり作っちゃってます。。

 

ちょうど、ロフトベッドを作った時の安いSPFの廃材があったので、これを利用して作ったのがこれ。

CIMG1467

左側2台が後輪用で、右側2台が前輪用です。

CIMG1464

1×4のSPFを4枚重ねてるので大体10cm弱くらいの高さですね。

CIMG1463

裏は、SPFを横につなぐ金具でつないでます。。

こんなものでも使用時には、全輪が確実に接地することとなるので、車の下に潜って作業するときの信頼感は高いですよ。

見た目はブサイクでも、使用感はいいですよ。

 

 

Pocket

安くて簡単に明るさ改善!E51 エルグランド君のフォグランプをHID化してみた!

先日のATF交換のために、Yahooカードに入会して、そのカードでATFを購入したら、おまけでついてきたT-Pointがもうちょっとで期限切れになってしまう。。。

2000ポイントもあるんでこれはもったいない。。

ならばということで、激安HIDキットを購入して、フォグランプもHID化することに。。

 

E51のフォグランプバルブは、H11なのでココからH11のキットを買ってみました。

CIMG1362

『世界最高品質』と堂々と言っちゃってます!期待が高まります!

CIMG1363

開けるとこんな感じ。。。

バラストとバルブが2個ずつのシンプルなものです。

 

中身の確認が終わり、いよいよお楽しみの取り付け!

バルブだけの交換なら、フロント側からベゼルを取り外すだけで交換は可能ですけど、今回は、バラストをバンパー裏に設置せねばならないので、タイヤハウス内のインナーカバーをはずしちゃいます。

インナーカバーは数本のボルトとクリップで止まってるのでこれを全部外すと簡単に取れます。

CIMG1364

取るとこんな状態!

奥にあるのがフォグランプのユニット

CIMG1368

真ん中のバルブのコネクタを反時計回りに捻ると外れます。

CIMG1372

まずは、仮組みして、バーナーの空焼きを10分くらいします。

空焼きしないと、ハウジングの中が曇るなんて言われますからとりあえずやっときます。。

CIMG1376

で、今度はちゃんと配線をして。。。。

でも、この製品って、元々H11バルブを付けていたところと接続をするわけなんですけど、接点がむき出し状態になっちゃいます。。

これじゃプラス側がどこかに触れちゃうと、もれなくショートしちゃいますから、ビニールテープなんかで絶縁は必須ですね。

(ちょっと、世界最高品質のわりには、こういうところの設計が手を抜いちゃってますね。。。まぁ安いし、自分でなんとかすりゃ問題ないけどね。)

CIMG1383

運転席側は、結構スペースがあるので、バラストは適当なボルトにかまして設置して完了!

助手席側も同じように組み立てて。。。

運転席側とは違って、ウインドウォッシャータンクがあって、ちょっとスペースが狭いです。。。

CIMG1394

っで、こんな感じで、完成!

CIMG1400

暗いところで点灯させてみるとこんな感じ。。。

ヘッドライトも同じ6000Kのバーナーだけど、今回取り付けたフォグのほうがちょっと青い感じ。。。

まぁ、明るくなったし、いい感じ。

 

でも、霧なんかの時に本当に威力を発揮できるのは黄色なんだろなー。。。

ちょっと使ってみて、また考えよ。

 

 

Pocket

簡単簡単!自分でできますよ!GD1フィット君のエンジンオイル交換をやってみた

先日、とある部下と車談議をしてたら、その部下君いわく。。。

『そういえばエンジンオイルの交換ってどのくらいでやるもんなんですかねぇ?』って怖い質問が。。。

どのくらいやってないの?って聞いてみると。。。

もう1万キロくらい走行してて、さらに1年以上も替えていないとのこと。。。

車整備大好きな小生にとっては、こりゃいいねたができた!と心に思いつつ、部下のための福利厚生の一環として、小生がやってやるということに。。。。

CIMG1445

ということで、今回のネタはこいつ!

GD1 1.3リットルのフィット君です。

以前に、左サイドを擦ってなきついてきたアイツです。

とりあえず、自作カースロープに乗っけて、下に潜るスペースを確保しときます。

 

で、今回用意したオイルはこれ!

CIMG1444

小生もよく使ってて、高いコストパフォーマンスを出してくれる、『ケーヨーD2オリジナルエンジンオイル』です。

オイル添加剤なんかで有名なパルスター社のOEMですね。

ちなみにお値段は4リッターで1980円(税込)!しかも全合成油!(でもグループ3ですけどね。。。まぁフツーに乗る人には十分ですよ)

GD1フィット君の指定オイル粘度に0W-20が含まれているようだったし、折角のエコカーなので、燃費向上を狙ってこいつにしてみました。。。

これから夏になって暑いけどまぁ指定粘度に入ってるんでまぁ大丈夫でしょう。。

 

それとともに、今回はフィルターも替えちゃえってことで、用意したのがこれ!

CIMG1442

ケーヨーD2で販売してたのがこのメーカーしかなかったので、選択の余地なく、これにしてみました。

ちなみにお値段780円(税込)!

これは、ちょっと高いですな。(まぁ店頭だとこんなもんでしょうけどね)

モノタローなら300円くらいです。。。まぁ前もって時間があればまとめ買いしとくと少々お得です。。。

 

そんなこんなでいよいよ作業開始!

まずは、ボンネットを開けて、エンジンを確認してみます。

CIMG1435

コンパクトなエンジンルームにギッシリ埋まってます。。。

最近の車はほとんどこんな感じですな。。。

エンジンカバーがついてて、見た目はカッコいいけど、メンテナンス性はどうなんでしょうね。。。プラグ交換するには、カバーもはずして。。。なんて手間が増えるだけのような気がしますが。。。

まぁ今回は関係ないですけどね。。。

 

で、確認すべきはレベルゲージの場所。。。

CIMG1436

オレンジ色の輪っかがついてるのが、エンジンオイルレベルゲージ

これを引っ張れば、エンジンオイルの量が確認できますね。。

 

っでいよいよ、エンジンオイルの抜き取り!

いつものエルグランド君の時には、エンジンオイル量がなんだかんだで4.7リットルもあるので、一旦、上から抜けるだけ抜いてから、下から抜くという上下抜き取りをするけど、GD1フィット君の場合は、エンジンオイル総量が3.4リットルくらいなので、めんどくさいので、下から全量抜き取ります。

CIMG1443

ということで。。。

まずは、車の下に潜って、ドレンを緩めて廃油します。

ドレンは、運転席側の前輪のちょっと後ろあたりに、エンジンオイルのドレンがあります。(ちなみに17ミリです)

ちゃんと、『Engine OIL』って刻印があるので間違いなしです!

ホンダの車ってちゃんとこういうのが刻印されてるんですかね。細かいところに気を配ってくれてる感があって好感です。。。(サンメカにとっては大変ありがたい。。。すんばらしい!!)

 

ドレンを緩めると、勢いよくどぴゃ~っと排出されるので、廃油受けを排出角度を読んで、着地位置で受けます。。。

これで、大体は抜けきったんですが、完全に抜くためには、フィルター(エレメンド)も一旦外して、ここからも抜いちゃいます。

今回は、フィルターも交換するので、ちょうどいいですな。

CIMG1441

65mmのフィルターカップをラチェッドにつないで緩めると、ここから大体200ml位抜けて、これで抜き取り完了。

 

新しいフィルターを付ける時には、フィルター側のゴムのパッキンに少量の廃油を塗っておくと、次回の交換時に固着せずに取れますよ。

 

CIMG1437

中央の黒いキャップを外して、ここから新油を注入。

GD1フィット君は、大体3.4リットルくらいなので、そのくらい注入したら、レベルゲージを見て確認します。。。

注入が完了したら、エンジンをかけて約5分くらいアイドリングして、エンジン停止後約5分くらいで、再度、レベルゲージで確認して許容レベルに収まっているかを確認して完了!

 

交換してから、しばらく走行して、部下君いわく、

『エンジンの音がずいぶん静かになって、滑らかに動くようになりました!』っと好評のご様子。

ちょっとした時間で福利厚生の一環と、部下君との仕事以外のコミュニケーションがとれたことは、かなり効果的でした!

(そんなこといいながら、自分が楽しむためとは、部下君には言えないけどね。。。まぁWin-Winで大成功!)

 

Pocket

超快適!新幹線700系グリーン車とN-WGN君とジャンボフェリーで新緑の瀬戸内の愛媛県今治市へ強行軍旅行に行ってみた!

うちのジーちゃんが亡くなって33回忌、バーちゃんが亡くなって7回忌ということで、法事が執り行われるとのことで、小生のトーちゃん、カーちゃんは車で四国の愛媛県まで行くとの連絡がありました。

でも、この四国まで運転しようとしているトーちゃんは、すでに80歳を超えていることもあり、大阪から愛媛県今治市まで往復600キロの運転はやっぱり心配。。。

ここ最近の、高齢者の運転でのアクセルとブレーキの踏み間違いによる大事故や、確認不足による巻き込みによる事故など多く発生している今日この頃やしね。。。

 

まぁ、結構、節目となるような法事のようなので、参列せねばならぬというトーちゃん、カーちゃんの意思を尊重し、なんとか安全に楽に四国まで行かせるためには、息子が一肌脱ごうということで、小生が運転していくことにしました。

(ちょうど時間の余裕もできたんで、有給休暇を一日取れば何とかいけるかねということで、実は小生が行きたかっただけという下心はありますが。。。)

とはいっても小生の居住地である神奈川県から、愛媛県まで往復約1800キロを実質3日間ちょっとで走破せねばならないことを考えると、やっぱりしんどい。。。

なんといっても、小生も50歳を超えてますからな~。。。気だけは若いつもりでも体はついて来んです。。。

休暇がもうちょっとあれば、エルグランド君を走らせていくところではあるものの、今回は挫折して大阪まで新幹線で行って、そこから実家の車のN-WGNG・ターボパッケージでタオルとバリィーさんで超人気の愛媛県今治市まで行くことに。。。

 







 

ということで、今回のスケジュールは。。。

【初日】  仕事帰りに、とりあえず、新幹線で大阪へ。。。

【2日目】 実家の車で、夜に大阪を出て今治へ出発

【3日目】 今治から大阪へ戻ってくる

【4日目】 大阪から神奈川に新幹線で戻ってる

どいう結構、強行軍!

 

っで、いよいよ実行!

 

【1日目】

新幹線で行くことにしたものの、どうせ行くなら、”乗鉄”でもある小生は、楽しんで行くために、大阪までの行き帰りは、JR東海ツアーズの『ぷらっとこだま』のグリーンプランで悠々自適に行くことに決定!

以前の名古屋への出張でもよく使ってたんで、少々時間はかかるのは十分承知ではあるものの、優雅な気分で移動できる方を採ってみた。

 

ということで、金曜日の新大阪行き最終のこだま683号に新横浜から乗って京都で降りることに決定してのってみました。。。

 

小生の勤務地は新横浜に近いこともあり、当日は気の利く部下君が新横浜駅まで車で送ってくれるということなので、それに甘え、いざ新横浜駅へ!

(普段の部下の育て方がこういう時に役立ちます。。。。ね!)

 

そんなこんなで乗車時間となり。。。。

当日のこだま683号は、700系の車両で、しかし残念ながらJR東海の車両!

いわゆるカジュアルちっくなグリーン車なんですなー。。。

なんかグリーン車って重厚感がありません。。。ちなみにこんな感じ。。。(Wikipediaへリンクしてます)


金曜日の最終新大阪行きということで結構混んでるかと思いきや、予想を反しガラガラ。。。

ましてや新横浜から京都までこだまで乗り通すような、奇特な人種はおらず、乗車時点で、定員約70名の車両にたった4人。。。

でも・・・・

”乗鉄”にとっては好都合!!!

安い運賃で長い時間グリーン車に乗れるとは、”乗鉄”にとってはありがたいこと。。。

フツーの人とは逆ですわ。。

IMG_20160603_202743こんな暗~い、いい雰囲気なんで。。。

IMG_20160603_201417

まっ、こうなります。。。。

 

『乗鉄』は、『飲鉄』にもなるので、まぁしゃーないことです。。。納得。。。

結局、新横浜から京都までで、ロング缶ビール3本。。。

ほろ酔い気分で京都到着!

大阪の実家は枚方なので、関東方面からでは当然のことながら京都で下車です。

 

京都からは近鉄京都線に乗り換えて、丹波橋駅で京阪電車に乗り換えて樟葉へ・・・

なんですが、この京都での乗り換え時間はたった15分!これを逃すと、樟葉での最終バスに乗れません!

 

でも、グリーン車なら、近鉄との乗り換え口の京都駅の新幹線中央口への階段はすぐ近くなので、余裕で間に合いました。。。

ということで、何とか、枚方の実家までたどり着けました。。。

 

【2日目】

翌日、いよいよ四国、愛媛県今治市へ。。。。

 

今回は、いつもの乗りなれたデカイ、エルグランド君とは違い、最新のハイテク装備満載の軽自動車の『N-WGN』のカスタム G・ターボパッケージモデル。。。

IMG_20150921_161048

25年前位に軽自動車には乗ってたものの、今の軽自動車の進化ぶりには驚きです。。。

 

これに、両親を乗っけて今治へ。。。

 

今回のルートはスケジュールの都合で、翌日の早朝には今治についていなければならないということと、そこそこ高齢の両親を短期間で長距離移動が必要ということもあって、できるだけ楽に移動したいという思いもあり、今回は、神戸から高松行きのフェリー『ジャンボフェリー』の夜行便に乗って高松まで行って、高松からのんびりと今治まで行くということに。

 

枚方を22時ごろ出発して、枚方大橋を渡り、茨木市内を抜け、国道171号線をひた走り、23時半ごろ神戸三宮フェリーターミナルに到着。

 

当日の出港が夜中の0時45分なので、まだ1時間くらい前にも関わらず、予想に反してターミナルにはもうすでに結構な人が並んでる。

 

四国へのルートとしては、もうほとんどが橋を渡っていくんだろうし、当日は日曜日だしきっとガラガラで貸切状態やろーと思ってたけど、このジャンボフェリーは、夜行便もあり更には安いってことで若い人の需要は高いんでしょうかね。

CIMG1402

こんな感じ。。。

クルマも結構な台数が乗っててほぼ満車です。。。

乗り物好きにとっては、いろいろ写真を撮りたかったものの、当日は生憎の雨。。。残念。。

 

このジャンポフェリーは、ちょっと変わった船の形をしてます。

今までに見たことの無いような船の形です。。(ジャンボフェリーのサイトにリンクしてます。。すみません勝手にリンクしちゃいました。。問題あればコメントください!早急に削除しますので。。)

2階の青天井の甲板にも自動車を積載できる構造で、ちょっと変わってます。。

船内もたいへん綺麗で快適です。

今後の四国へのルートは、これが一番便利!また乗ろーと!

 

夜行便は結構遅れることがあるとのことではあったものの、当日は定刻に出港。

高松までの約4時間の夜間クルーズのはじまり。

天候は雨でも、瀬戸内の海は波もなく快適そのもの。。

 

CIMG1403

暗くて見えないけど、出港後の神戸市内の夜景。。

ちょど、2時ごろに明石海峡大橋をくぐって。。。

 

なんだかんだで、5時定刻に高松東港に到着。いやー快適快適!

ほんとに、この船は超快適!

眠い目を擦って、ひた走って橋を渡っていくことを考えたら、この船旅を味わえて、寝てたら朝には着いてるってのは最高です。

今後は、間違いなくこれを選びますね。。

 

到着前に流れるこの歌も最高!(すみません!勝手にリンクさせていただきました!)

もう頭から離れません。。。

ずーっと頭の中で流れてます。。。

これも印象的。。。
ここから、高速道路の高松道、松山道、今治小松道路を通っていけばいいんでしょうけど、これじゃ早すぎるということで、しばらくは、国道32号と377号で豊浜方面へ。。。

途中に、まんのう町という何とも不思議な雰囲気を持った地名を発見。

満濃池というのが有名らしいということで、寄り道。。。

 

WIKIによると。。。

満濃池(まんのういけ)は、香川県仲多度郡まんのう町にある日本最大の灌漑用のため池である。
空海が改修したことでも知られ、周囲約20km、貯水量1,540万tである。また満濃太郎とも呼ばれる。

 

ほー!日本最大のため池ですか!それは知りませんでした!

CIMG1407

確かにでかい!湖との違いって何なんでしょうな???

 

っで、元に戻って、豊浜を越えて。。。

海岸沿いの道路に出て。。。早朝から開いているうどん屋を発見!

西端手打 上戸うどん

せっかく、讃岐に来てるんだからということで、うどんを食すことに。。

 

これがうまい! こりゃ最高です!

関東の醤油煮込みうどんのようなものではなく、ちゃんとダシの味があるし、麺がまた最高!

讃岐の人はこんなうまいもんを毎日食えるなんて幸せですな。

老後はやっぱり四国に住むかなって思っちゃいますよ。

 

讃岐流の朝食を済まして、今度こそひた走って、今治へ。。。

 

11時から法事が始まって、1時間くらいで終了。。。

その後に、会食なんかがあったけど、小生は少々用事でこれには参加せず、時間が余ったので今治近辺を探索することに。。

 

せっかく四国まで来たんだからといことで、四国しかないものを見るために、今治から松山方面に向かって3つ目の駅の大西駅に行ってみた。。。

CIMG1410

こんな感じの、田舎の駅。。。

 

四国しかないもといえば、最近にJR四国にデビューした新型特急の8600系電車!

さすがにこれは見たことがなかったんですな。。。

 

ちょうど、高松行きの『しおかぜ18号』がやってくる時間!

予讃線は単線なので、大西駅で上下線の交換が行われるんで、運転停車がおこなれるんですよね~

でっ来たのがこれ!

CIMG1411

おー!!!四国っぽくない斬新的なデザイン!

ようやく四国も力を入れ始めましたよ!

やっぱり、オレンジとミドリはみかんのイメージですかね。

小生の幼少のときに見ていたDF50に引っ張られた客車列車とか、煤けたキハ28とかの時代とはずいぶん変わりました。

でもあの雰囲気は四国の雰囲気にマッチしてたんでちょっと残念な気持ちも。。。ありますね。

 

ちょっと待ってると、下り列車が。。。

CIMG1413

8000系、松山行きの『しおかぜ7号』が颯爽と通過していきました。。。

これはこれでまたカッコいい!

 

ってことで、鉄道の部は終了で、次は。。。

今治といえば。。。。『造船』!

ということで、大西駅の近所にある造船所めぐりをしてみることに。。

CIMG1415

いきなり、巨大な自動車運搬船が現れ、シゲシゲと良く見ると。。。

新来島どっくの大西工場で建造中の”Horizon Highway”って船でした。

 

川崎汽船の『DRIVE GREEN PROJECT』で建造することになった船ですな。

 

近くで見ると巨大そのもの!

総トン数76000トン!

車を一度に7500台も積載できるそう。。。そりゃでかいわ。

デカイ物が大好きな小生にとっては感動そのもの!

エエモン見れました!

 

完成したらまた、横浜でお披露目会してくれるかな???期待してよ!

 

次は今治市外方向に向かって走っていって。。。

来島海峡大橋の眺めのいい糸山公園へ。

CIMG1421

CIMG1343

こんな素晴らしい風景が迫力満点で見ることができます!

お土産屋さんやら観光案内所なんかもあり、駐車場も無料でとめられるので、便利便利!

晴れてて、この風景なら一日ボーッっとしているには最高の場所ですわ。

今度はもっと余裕を持ってきてみよ!

 

名残惜しいけど、帰らにゃいかんということで、後ろ髪を聞かれる思いで、この地を後にして。。。

 

しばらくすると、『今治造船』って看板を発見!

世界に名だたる造船メーカーの『イマゾー』の今治工場ですな。

他にも、桧垣造船淺川造船矢野造船など、多くの造船メーカーがあり、『造船所銀座』の様相です。。。

 

折角なのでやっぱり寄り道。。。

いきなり。。。

CIMG1423

でぇーん!!!!

建造中のバラ積船です!

こんなのがゴロゴロ転がってます。。。

CIMG1431

CIMG1428

CIMG1427

CIMG1426

もう、でかいもの好きにはたまりません。

ぜひ、同志は訪れることをお勧めしますよ。(ここです。)

 

そんなこんなでいい時間になっちゃってたんで、急かにゃいけません!

なにせ、その日のうちに枚方まで帰らにゃいかんです!

ってことで、急いで、トーちゃんカーちゃんを迎えに行き早々に帰路へ。。。。

 

帰りは、のんびりもしていられないということなので。。。

今治北ICからしまなみ海道で福山を経由して山陽道、名神を経由して大山崎JCTから京滋パイパス、第二京阪を通って、枚方へ。。

約330Kmを5時間ほどで走破して帰阪!

 

N-WGN君もターボがついてると、全然、違和感なくスイスイ走ります。。

ちょっと、サスペンションの懐の深さが浅いこともあり、独特の振動はあるものの、走行性能は申し分ないですよ。

ちょっとスポーツカーのような味わいができる面白い車でした。。。

燃費も25Km/L位は出てましたし、高速道路料金も軽自動車だとお安い!

2台目の車としてはぜひほしいものです。。。

 

ってことで、3日目は終了!

 

【4日目】

いよいよ最終日。

今日中に神奈川まで帰らなければならない。。。

 

でも、やっぱり帰りも悠々自適で帰ることに。。。

 

なので、やっぱり帰りも『ぷらっとこだま』のグリーンプラン!

 

帰りは、京都12;59発のこだま658号!

 

帰りこそは、JR西日本の車を期待して待ってたら。。。

 

きました!JR西日本の車でした!(Wikipediaにリンクしてます)

やっぱりこれよ。。。クリーン車の風格十分!

重厚な雰囲気で満足です。。。

たっぷりと3時間半あるのでこれまた楽しめます。。

 

なので。。。

IMG_20160606_134230

こうなって。。。IMG_20160606_144535

こうなります。。。

まぁ当然のことですな。。。

こだまは、ほぼ全駅で通過待ちがあるので、停車中の駅のキヨスクでよく冷えたビールも、その地方の名産おつまみも入手し放題です。

これも、こだま旅行のメリットっちゃーメリットですかね。。

 

浜松で入手した、この『うなぎボ~ン』!

これ最高にウマイです。

ちょっと見た目は、虫っぽくて何ともいえませんが、食って見るとウマイの何の!

味もいろいろあるようでしたが、とりあえず、醤油味でしたがこれがビールにあうあう!

 

浜松から新横浜まででちょうど一袋完食!

 

完食したら、ちょうど新横浜に16:29に到着!

 

かなり強行軍の移動ではあったものの、いろんな楽しいことがあったし、よかったよかった!

ぜひ、もう一回やってみたいね!

 

Pocket