最近の投稿
最近のコメント
表示回数の多いページ

懐かしい!今は無き名鉄美濃町線の美濃駅に行ってみた!

ひさびさの鉄ネタです。。

 

今年の夏休みに帰省するときにちょっと寄り道して、もう廃止されちゃった名鉄美濃町線の美濃駅に行ってみました。。。

岐阜県美濃市は、岐阜県の真ん中当たりに位置してて、美濃和紙で有名なところ。

また、『うだつのある町並み』として有名で、時代劇に出てきそうな街並みで、いい雰囲気なところ。。

cimg1839

こんな感じ。

cimg1838

 

これが『うだつ』

”うだつが上がらない”なんていうアレです。

cimg1840cimg1841

こんな看板があったり。。。懐かしモノ好きの小生にとっては楽しい限り。。。

川越なんかも同じような雰囲気ではあるものの、川越ほど観光客がいなくて、いかにもって感じでいい感じです。

 

こんな街並みの中に、廃止されとはいえ、ちゃんと廃止前の駅をそのまま残した駅があります。

cimg1834

まだ、フツーに駅としての機能があるような雰囲気。。

cimg1783

駅の中もまだフツーに使われていそうな田舎の駅って感じの雰囲気。。

cimg1822

廃止当時の最後の美濃駅発の時刻表。。。

急行なんてあったのね。

 

改札を抜けると。。。

cimg1784

往年に活躍した車両が当時のままの状態で保存されてます。。。

左から、モ500形、モ510型、モ600型。

 

まずは、モ600型から。。。

cimg1786

うすっぺらーいって感じの車両です。。

この美濃町線としてはまだ新しい方に分類される車両。。。

cimg1787

車内のシートは取り外されちゃってるんでがらーんとしてます。。

cimg1788

路面電車と同じように、運転席は真ん中に。。。

今風の電車の運転席とは違った、いかにもメカニックな景観。。。んーいい感じ。。

 

次は、モ510型・・・

cimg1797

The Showa! って感じの名車ですな!

美濃町線といえばこの車両!って感じの堂々たる形をしてます。。。

cimg1799

510型といえばこれ!

戸袋のところが丸窓です!

同じような時期の流行だったのか、上田交通のデナ200形も同じく丸窓でした。。。

cimg1800

 

車内はこんな感じ。。

残念ながら、これも座席が取り外されちゃってます。。。

でも木造っぽいいい雰囲気を醸し出して、いかにも昭和の車両って感じです。。

cimg1803

これも運転台は真ん中。。。

なぜか昔の車両は、当然ながら今のようなハイテクさは無いけど、デザインが素晴らしい。。。

機能美というものなのか。。。

表面上だけのチャラチャラしたモノではなく、質実剛健の無骨な雰囲気がいい。。。(やっぱりオヤジの感覚なんでしょう。。。)

運転手のウデ前がすぐに現れそうな、運転するのに必要以外なものは無い!って感じ。。。

 

最後は、モ500型

cimg1813

在りし日の京都市電に似てるよう気きがしますね。。。

これは、いかにも併用軌道を走る路面電車って感じです。。。

cimg1815

これにはちゃんとシートがありました。。。

cimg1814

この運転台は、昔の路面電車そのもの。。。

大きなマスコン装置に、小さいブレーキ関係の機器。。。

なんか懐かしい。。。

 

cimg1836

駅の横にはひっそりと石碑があって、美濃町線の功績が書かれてます。。。

きっとこの鉄道があったらこそ街は発展のきっかけを作り、モータリゼーションの発展によりその使命を終えたものであったんでしょう。。。

街を作った功績は偉大であり、その功績を称える美濃市は素晴らしく、とてもいい街でした。。。

 

昔の雰囲気を味わえる、オススメのいい街です。

 

Pocket

Leave a Reply