最近の投稿
最近のコメント
表示回数の多いページ

Posts Tagged ‘ランエボ’

あれー!燃圧ZERO!!ヤバイ!!ランエボの燃料ポンプと点火プラグをDIYで交換してみた!(埼玉特派員レポート)

まだ6月なのに初夏のような暑い毎日。。。

出張続きの毎日で記事を書けない日々が続いていたけど。。。

我が愛すべき師匠からまたまた特派員レポートがやってまいりました!

いつものスズキTwinとは違って、大きな方のランエボでの修理です!!!

 

 

埼玉特派員報告Part4です。
6/2 外環 三郷南-高谷JCT 本日開通です。
今日の埼玉南部は晴れ。暑いです。

この間、おっきい方で首都高を走っている時に気づいたんですけど、アクセルべた踏みで3000-4000回転の間で3回ぐらい「しゃっくり」するんです。ブーストかかってココからって時にリミッターでガクッ!っていうよりはホヨッ?ってぐらいなんですけどね。
もうすぐ13万キロに到達だよ!なんかヤレッ!!って言っているようです。わぁったよ!!!

で、前のCD9Aの時の記憶をたどると・・・きっと点火系だわ。
そーいえば、プラグ換えてねーや(記録では4万キロ走破済)って事で、プラグは必須。
前のは普通にプラグコード着いてて、その老朽化が顕著に表れたんだけど、今のは変則的なダイレクトイグニッションで短いプラグコードついてる。これは社外品にしてあるので後回しでいっかな。

あとわぁ、、、前の前のA175で18万キロぐらいで出たやつ。
ある日突然やってくる燃圧ゼロDay攻撃。こればっかりは避けたいなぁ。

純正はとてつもなく高いんだよぉぉぉ。オク見ると排出量がデカくて安いヤツがいっぱいあるんだけど無印が心配。東名さんとかHKSさんあたりも選択肢だけど、プレッシャーレギュレータも着けないと燃圧上がりすぎそう・・・。ジロジロ眺めてるとちょっとだけ流量上がるけどよさげなポンプあるじゃないですか!

で、今日の材料はこちら!!
http://happoya.jp/?pid=6164780
HKSさんのページを見ると純正品が150LPH(リッター/時)で、探した上のヤツは190LPHなので、純正のレギュレータでも何とかなるだろーってポチ!っとな。

【送料無料】 フューエルポンプ 三菱 ランサー EVO 7 8 9 CT9A 4G63 容量255L/h 燃料ポンプ 【新品 汎用 エンジン 安定 セット 交換 高出力化 フィルター 大容量 ヒューエルポンプ】

価格:5,000円
(2018/6/17 12:03時点)
感想(0件)

(こんなんもあります!)

そしてコレ!

これまで着けているのがNGKさんのですけど、今回はDENSOさんのにしてみます。

DENSO デンソー 三菱 ランサーエボリューション 05.3~07.10用 イリジウムタフ スパークプラグ VKH22 4本セット

価格:4,896円
(2018/6/17 12:05時点)
感想(0件)

でわでわ、はじめましょうかね。
助手席側のリアドアから室内にアクセス開始です。二つのクリップ?
を引くだけでリアシートは外れます。

おっきい方はガソリンタンクが左右2つに分かれて配置されていて、ターゲットのポンプは助手席側後ろの蓋の下におわします。

蓋を開けると長年の汚れとともにホース3本と電源カプラーが出てきます。

高圧のかかる燃料ホースはクイックカプラーとなっていて、爪を押してチョット引くと抜けてきます。おもむろに抜いちゃってますけど、電源カプラー抜いた時点でセル回して燃圧抜いてあります。逃がしとかないと、室内にガソリンぶちまけることになりますので・・・

で、知恵の輪のように逃がしながらポンプアッシー押えのリングを外します。
一番手前のナットが隙間少なくて外すの大変でした。

ポンプアッシーとご対面です。これもセンダゲージのフロートが引っかかるので知恵の輪です。

タンク内です。錆びてる様子もなく健康ですね。臭いは強烈ですけど。
もう少し走ってからやった方がよかったです。ほぼ満タン。

これがポンプアッシーです。
右上の茶色いのが、大きなゴミの侵入を防ぐ樹脂網のフィルターです。
真ん中の胴体の上半分ぐらいのもっこりして薄黒く透けている部分が塵芥用のフィルターになっていて、残念ながら分解できない部分です。
ケースアッシーとして部品は出るのですが、これまたお高いのです。

ポンプアッシーからセンダゲージを取り外します。つけたままだと、センダゲージのフロートがプラプラして作業しづらいのと、シャフト曲げちゃうからね。

分解してモーターを引きずり出します。爪が三か所あって、劣化して割れるんじゃないかって思いましたが、ガソリン漬けの毎日で劣化するような材質ではなく、ミリミリともいわずに爪が外れてくれました。

電源カプラーもむき出しですので、爪を押し込んだらすんなり分離。
ポンプ右上の蛇腹みたいのがゴムパッキンで、嵌合がキツめでギュルギュルいいながら外れました。(脱脂されてという表現が正しそう)

ケースの燃料排出側から思いっきり息を吹きいれた結果、、、
ケース本体内のフィルタからガソリンが逆流するわけで、ガソリンに含まれてた塵芥と燃料ポンプのブラシの削れカスとガソリンがドバっと出ました。まぁ、新品を用意しなかったので気休め程度に詰まりを確認した感じです。クチビルがしばらくジンジンしていたのは言うまでもありません。

新旧交代の儀。新しく用意した方の背の高さがちょっとだけ低い感じです。
汎用品の誤差の範囲だとは思うのですが、タンク内でガタつくのもいやなので装着しながら考えます。

樹脂フィルタを移植します。蛇腹のようなパッキン(実際はパイプ)で、ある程度の誤差を吸収できるようになっています。(差し込み量で調整)ですが、5mmぐらいケース内で動くので、Oリング2本でゲタを履かせて調整しました。

パチパチっとケースを組み上げ、センダゲージも取り付けました。
後はバラした逆に組み上げていくだけです。
ケースとタンク間のゴムパッキンは再使用不可なんですけど、ひび割れも無いし、部品も取ってないのでそのまま自己責任としました。

最終的に組み上げる前に結合テストです。一通りホースと電源つないでエンジンスタート!!ポンプから燃圧かかるまで空振りでしたが難なくスタートしました。後は、一回ホースを外して、固定リングを知恵の輪よろしく装着です。

完了です。新品は純白なプラスチックのハズですがガソリンの着色料って強力なんですねー。

ちなみに純正ポンプはDENSOさん製でした。直接引けるのかググってみようかしら。。。e-bayで見つけてしまった。。なんで国内価格ってとんでもないんでしょう。。。(泣)

気を取り直して次!!!

点火系はこんな感じです。1-4、2-3が同時点火になってます。
爆発してない気筒にも火が飛ぶと考えると、プラグの寿命ってどう考えるのが妥当なんでしょうね?デスビ時代の二倍稼働しているので半分って考えると、十二分に働いた感のあるプラグさん。いままでありがとう。

サクサクばらしていきます。

プラグメーカさんはネジ部分には何も塗っちゃダメョって書いてますが、適正トルクで締め付けていても、しばらくするとカーボンがネジまでくっついてきて、外す時にかなり不安に感じるくらい緩まない事ってありませんか?
熱膨張や爆発圧力に負けて生じた微細な隙間に燃焼ガスが回ってくるのでしょうけど、ネジ山に硬くこびりついたカーボンでいづれ山がナメるかもしれないという強迫観念から、私はスレッドコンパウンドを使います。
放熱にいいんだか悪いんだかわかりませんが、気密と気持は比例するってことでこれも自己責任です。

これが4万キロぐらい走ったイリジウムプラグです。中心電極の突端にイリジウムが溶着され、接地側は素のニッケル合金?のヤツです。
接地電極のカドが丸く薄くもなっているので、ご苦労様!!でいいです。
碍子見る限りほんのりきつね色なので、熱価はこれでいいんじゃないでしょうか。

ENSOさんのお得意のU字カットと極細イリジウムの組み合わせのヤツです。
昔は中心電極が溶け落ちるとかあったみたいですがどうなんでしょうね?熱価間違ったらそうなるかもしれませんが。

バラした逆順でササッと組み上げました。
MITSUBISHIロゴがところどころ剥げているのが一緒に歩んできた証です。どおりで自分も体が辛いわけだ・・・

役目が終わった方々に集まっていただきました。
ポンプって意外に小さいんですよ。これで280PS出すんだから大したヤツです。しばらくの間は同乗してもらって、新人さんが拗ねたら路上で現役復帰してもらいます。(出番が無いことを祈りますが)

今回の総工程は3時間ぐらいです。
パーツ代は、ポンプが9.8K¥、プラグが4K\でした。
さぁってと!!!外環行ってきましょーかね!!!

(オチ)行ったんですけど開通が16:00からだったので、開通区間を横目
に一般道へ降ろされてしまいましたとさ。ジャンジャン!

でも、しゃっくりが止まったようなのでヨシ!

次はタイヤだなー。のりすけさん爆発させてみます?

Pocket

飛び石にやられちゃったー!!でもDIYでガラスリペアやってみたら結構いい感じに修復できたでぇ〜(埼玉特派員レポート)

小生の尊敬する師匠から特派員レポートがやってまいりました!
会社では結構、偉い人なんですが、なんでもDIYしちゃうスゴイ人なんです。。。

( いつもマニアックなコメントをいただける「しゅう師匠」で、 今年は猛暑!19万キロを超えたE51エルグランド君のエアコン冷媒をDIYで補充してみた!でも登場します!

ちなみに師匠も小生もコンピュータ会社勤務で、こういうことは本職でないんですよ。。。 仕事をまちがえました。。。)

 

今回は、ランサーエボリューションとツインの2台持ちの師匠がフロントガラスリペアに挑戦した成功例のご紹介です。

さすが師匠ですわ!

 

 

埼玉特派員報告です。
9/9の埼玉南部は朝から快晴です。

こんな日にはお出かけしたいのですが、気になるところを始末してしまわないと被害が大きくなっちまうので、ジャジャーン!!がらすりぺあきっとぉー!

 

 

ひび割れ 補修 フロントガラス リペア キット
2ヶ所分/REP01[メール便発送、送料無料、代引不可]【YDKG-kd】【smtb-KD】[その他CA][便利]
02P03Dec16

価格:600円
(2017/9/11 11:42時点)
感想(5件)

特派員はデカいのとチビっこいの2台持ちなんですが、先週別件でイジイジしていたら、どっちもイヤァー!何これ??に気づいてしまったんですよ。
確かに、東北道とか常磐道とか首都高とかそれなりに走っていて、たまにパキッ!とかピシッ!ていう音は聞こえてたんだけど、気にはなってもマジマジと確認してなかったんです。
ということで、今回はガラスリペアキットを使ってフロントガラス修理×2いってみよー!

まずは、デカい方です。横一直線に割れて交換した実績があり、大枚はたいて交換した2枚目。それでも小さな欠けがところどころ既にあるのですが、見つけちゃったのがコレ!!

たぶん、お盆帰省の帰りに気持ちよく追い越しかけてた時にパキッ!っていったやつだと思います。少し引いた画像はこちら。

車の前からフロントガラスに向かって右下。ガラス修理屋さんによっては拒否られそうな場所です。

レジンは嫌気状況下で紫外線で固まるので、日陰になるまでの時間で前準備を開始します。
まずは、お掃除です。

とりあえず、衝撃を受けて欠けた表面を押しピンの先でカリカリして少し広げます。

レジンが入り込む隙間を開ける感じですね。あんまり大きくすると仕上がりが目立つようになるのでホドホドにしときます。
私の場合はこの状態でジッポのオイルをふりかけつつペーパータオルでフキフキしてます。
ホコリ除けとして別作業で使ったアルミテープを軽くペタッと貼って日陰になるまで放置です。

で、チビっこい方の状態はコレ。

衝撃点からシロサギが羽を広げたように逝っちゃってます。

写真撮る手が映り込んでますけど、真ん中の白く見えてるところです。
写真右方向がボンネットで、ワイパーリンクを隠すカウルトップを既に外した状態です。というかカウルトップを外さないと修理できない位置にくらってます。室内側はセラミックラインなので、レジンが浸透しているかどうか状態確認ができないところです。ショップでは完全に拒否られると思います。

そそくさとお掃除です。激しくガラスが弾けているように見えますが、薄い広がり方向のクラックですので、ちょっと針先を当てただけでこの有り様です。裏が見れないだけに難易度高そう・・・。こちらも、ジッポオイルで洗浄して乾燥待ちです。

日陰になるまで暇なので、他の作業の一部をチラ見しませう。

さっきのデカい方の修理地点のちょっと右側、Aピラーに突き当たるガラスの端っこに何やら銀色のテープを貼っています。TOYOTAさんのマネっこしてあちらこちらに貼っていきます。
もちろん、チビッこい方も目立つか目立たないかのところにビシバシ貼ります。
とても安価ですのでプラシーボでもいいやって感じでペタペタ、日陰になるまで内職します。

日陰になりましたので、本番スタートです。まずはデカい方。

傷を中心として両面テープをしっかり貼ります。ここで手を抜くと後でレジン漏れが起きてしまいます。

そして、レジン注入マウントの貼り付けです。こちらも念入りに貼り付けます。

レジンを5~6滴マウンターの中に入れてから、付属のシリンジで目いっぱい負圧をかけます。私の場合は負圧状態をテキトーに繰り返して(ポンピング5,6回ぐらいか?)から最大負圧で15分放置しました。

レジンは紫外線により硬化する樹脂ですので気休め程度ですが、エリマキを巻いてあげてます。

今度は20分ぐらいの加圧です。両面テープがしっかり貼られていないと20分持たずにレジンがダダ漏れしてきます。今回も(ヲゐヲゐ何回目じゃ?)漏れちゃていた様ですが・・見えていないということは事象が発生していない理論で進めます。
両面テープの剥がれてレジンが漏れる原因ですが、高温域の粘着性能によるところが大きいと思います。特に今のような夏場は苦手のようでしっかり貼ったつもりでも剥がれちゃうんですよね。

日陰とはいえ、ブラウン運動を抑える温度には下がらなかったようで、、、

ブラウン運動を抑制できなかったおかげで、マウント剥がすのは楽でした。力をかけるとピシッ!と逝っちゃう可能性を否定できないのでスクレーバー使って慎重に剥がしてます。この時点でもレジンは流れる粘度です。裏からみても浸透したように見えたので仕上げにかかります。

傷口に一滴レジンをたらして、付属のP.Pらしきシートをかぶせます。表面張力というか界面張力でジワーっと広がりますがさらにスクレーバーでちょっとだけ広げます。

 

送料無料 ( メール便 ) 訳あり特価! 紫外線ライト LED21灯
UV光照射 ハンディライト 宝石鑑定・カビや汚れ確認・硬化・蛍光反応等に 【 UVライト ブラックライト 紫外線硬化 リペア LEDライト
懐中電灯 夜釣り 仕掛け ルアー 】 送料込 ◇ 紫外線ライト

価格:598円
(2017/9/11
14:44時点)

感想(85件)

何やらおもむろにやっちゃってますが、UV-LEDライトです(だって安かったんだもん!)。
これで固めます。いやー速い安い!!! 過去修理時は夕日を追っかけたりしたこともあるので、次も心配無いけど・・使わないことを祈るしかないですよね。
UVライト、普段使いはブラックライトという意味でいろいろ使い道ありますよね。(漂白剤のムラの確認とか、壁のシミ見つけるとか、蛍光ペンでPOP作るとか・・・ねぇョSST好きなだけですよ・・)

仕上げにかかってます。キット付属の安全じゃないカミソリでレジンをそぎ取っていきます。傷口部分は黒板を爪でひっかくような立て気味の角度、さらに、ガラス面の上下方向と刃を平行にするのがコツだと思います。(上下方向にそぎ取ると凹みます)

針先のちょい右側がクラックのあった場所です。なんかうまく行っちゃった感、満足度120%ぐらいです。
これに気を良くして、チビっこい方も行ってみよー!!

両面テープ貼りですね。保護シートがヨレヨレしているのが気合の証拠です。

マウンターは使いまわしです。ジッポのオイルで脱脂してから貼りました。レジンを注入中です。

負圧を目いっぱいかけて放置プレイ(アルミテープのペタペタ内職は継続してます)

ちなみにこっちの温度・・まだ、高いです。

せっかくカウルトップを外したので、ついでの整備です。
真ん中ちょい左は助手席ワイパーのシャフトです。右上に見えてるのはモリブデンペーストってやつです。浸透力が結構あって揮発成分が抜けるとかなりの長時間にわたって潤滑してくれるヤツです。プシュっとジワっとシャフトに染み込んでいきます。運転席側もやっときました。さらに、ボディパネルのつなぎ目が薄茶色になっていたので、軽いケレンで済む浸透性さび転換剤(染めQさんの必殺です)も塗っちゃいました。適当に落ち葉や泥もささっと掃除して液体ワックスを見えるとこにだけかけときました。(アルミテープの重さ分は軽量化したはず)

映り込んだ日差しがかなり低くなって来ちゃってますが、加圧工程に入りました。さらにこの裏で内職を続けてます。

ちょっとすっ飛ばしてUV攻撃に入ってます。映り込んだ雲が夏の終わりを感じさせてくれます。

内職も進んでます。

削ぎ落としもすっ飛ばして、最終状態です。まぁ、いいんじゃないかな。

ということで、一気に2台のガラス補修をしてみたのですが、素人修理の範囲じゃ上出来だと思います。
かかった費用は、リペアキット¥500-、UV-LEDライト¥980-、ジッポオイルとペーパウエスと接写用レンズは手持ちです。2台のガラスの出来栄えとプラシーボ系内職の複合作業でかかった時間は5時間ぐらいです。自己満足の世界でオッケーでしょ?あースッキリした!!

以上、埼玉から特派員がお届けしました!
また、何かネタできたらレポートしますねー!

Pocket