最近の投稿
最近のコメント
表示回数の多いページ

Posts Tagged ‘GD1’

簡単簡単!自分でできますよ!GD1フィット君のエンジンオイル交換をやってみた

先日、とある部下と車談議をしてたら、その部下君いわく。。。

『そういえばエンジンオイルの交換ってどのくらいでやるもんなんですかねぇ?』って怖い質問が。。。

どのくらいやってないの?って聞いてみると。。。

もう1万キロくらい走行してて、さらに1年以上も替えていないとのこと。。。

車整備大好きな小生にとっては、こりゃいいねたができた!と心に思いつつ、部下のための福利厚生の一環として、小生がやってやるということに。。。。

CIMG1445

ということで、今回のネタはこいつ!

GD1 1.3リットルのフィット君です。

以前に、左サイドを擦ってなきついてきたアイツです。

とりあえず、自作カースロープに乗っけて、下に潜るスペースを確保しときます。

 

で、今回用意したオイルはこれ!

CIMG1444

小生もよく使ってて、高いコストパフォーマンスを出してくれる、『ケーヨーD2オリジナルエンジンオイル』です。

オイル添加剤なんかで有名なパルスター社のOEMですね。

ちなみにお値段は4リッターで1980円(税込)!しかも全合成油!(でもグループ3ですけどね。。。まぁフツーに乗る人には十分ですよ)

GD1フィット君の指定オイル粘度に0W-20が含まれているようだったし、折角のエコカーなので、燃費向上を狙ってこいつにしてみました。。。

これから夏になって暑いけどまぁ指定粘度に入ってるんでまぁ大丈夫でしょう。。

 

それとともに、今回はフィルターも替えちゃえってことで、用意したのがこれ!

CIMG1442

ケーヨーD2で販売してたのがこのメーカーしかなかったので、選択の余地なく、これにしてみました。

ちなみにお値段780円(税込)!

これは、ちょっと高いですな。(まぁ店頭だとこんなもんでしょうけどね)

モノタローなら300円くらいです。。。まぁ前もって時間があればまとめ買いしとくと少々お得です。。。

 

そんなこんなでいよいよ作業開始!

まずは、ボンネットを開けて、エンジンを確認してみます。

CIMG1435

コンパクトなエンジンルームにギッシリ埋まってます。。。

最近の車はほとんどこんな感じですな。。。

エンジンカバーがついてて、見た目はカッコいいけど、メンテナンス性はどうなんでしょうね。。。プラグ交換するには、カバーもはずして。。。なんて手間が増えるだけのような気がしますが。。。

まぁ今回は関係ないですけどね。。。

 

で、確認すべきはレベルゲージの場所。。。

CIMG1436

オレンジ色の輪っかがついてるのが、エンジンオイルレベルゲージ

これを引っ張れば、エンジンオイルの量が確認できますね。。

 

っでいよいよ、エンジンオイルの抜き取り!

いつものエルグランド君の時には、エンジンオイル量がなんだかんだで4.7リットルもあるので、一旦、上から抜けるだけ抜いてから、下から抜くという上下抜き取りをするけど、GD1フィット君の場合は、エンジンオイル総量が3.4リットルくらいなので、めんどくさいので、下から全量抜き取ります。

CIMG1443

ということで。。。

まずは、車の下に潜って、ドレンを緩めて廃油します。

ドレンは、運転席側の前輪のちょっと後ろあたりに、エンジンオイルのドレンがあります。(ちなみに17ミリです)

ちゃんと、『Engine OIL』って刻印があるので間違いなしです!

ホンダの車ってちゃんとこういうのが刻印されてるんですかね。細かいところに気を配ってくれてる感があって好感です。。。(サンメカにとっては大変ありがたい。。。すんばらしい!!)

 

ドレンを緩めると、勢いよくどぴゃ~っと排出されるので、廃油受けを排出角度を読んで、着地位置で受けます。。。

これで、大体は抜けきったんですが、完全に抜くためには、フィルター(エレメンド)も一旦外して、ここからも抜いちゃいます。

今回は、フィルターも交換するので、ちょうどいいですな。

CIMG1441

65mmのフィルターカップをラチェッドにつないで緩めると、ここから大体200ml位抜けて、これで抜き取り完了。

 

新しいフィルターを付ける時には、フィルター側のゴムのパッキンに少量の廃油を塗っておくと、次回の交換時に固着せずに取れますよ。

 

CIMG1437

中央の黒いキャップを外して、ここから新油を注入。

GD1フィット君は、大体3.4リットルくらいなので、そのくらい注入したら、レベルゲージを見て確認します。。。

注入が完了したら、エンジンをかけて約5分くらいアイドリングして、エンジン停止後約5分くらいで、再度、レベルゲージで確認して許容レベルに収まっているかを確認して完了!

 

交換してから、しばらく走行して、部下君いわく、

『エンジンの音がずいぶん静かになって、滑らかに動くようになりました!』っと好評のご様子。

ちょっとした時間で福利厚生の一環と、部下君との仕事以外のコミュニケーションがとれたことは、かなり効果的でした!

(そんなこといいながら、自分が楽しむためとは、部下君には言えないけどね。。。まぁWin-Winで大成功!)

 

Pocket

GD1フィット君の無残なキズ修理

5月の連休の初日である3日のさわやかな朝だった。。。

連休だしどこか行くか!と考えていたところ、部下のK君から悲痛なメールが飛んできた。

 

「クックルマをやってしまいました。。。どこかいい修理工場はないですかぁ・・・」

 

とりあえず、詳細を確認しようと彼に電話をしたところ、自損でヘラヘラ笑っていたのでとりあえずケガがなくて安心安心。。。

早速、クルマの状態を確認するためにどんな状態か写真を送らせて見てみるとこんな状態!

IMG_20150502_093927-1

 

ありゃ。。。

IMG_20150502_093958-1

ああぁ。。。

IMG_20150502_094025

 

結構、派手にやっちゃってます。。。(本人の名誉を守るため、写り込んでいる本人は犯罪者っぽくなってますが。。。)

左のリアドアからフェンダーにかけてかなりやっちゃってます。

駐車場から車を出すときにやっちゃったそうで、おまけに、この事故の1週間前に2万円も出してガラスコーティングをしてもらってたそうだ。。。

妙にピカピカなために虚しい映り込みとキズが目立ちます。

あーあって感じですな。。。

 

まぁとりあえず何とかできんかと思案の結果、現物を見てから考えようということで、急遽、埼玉からのりすけの住居である多摩地域まで来てもらうことに決定!

これも社員満足度向上のための福利厚生の一環のためということで、何とかしてやろうと一肌脱ぐこととしました。。

 

とりあえず、板金塗装の必要があったら塗料が必要ということで、お馴染みのカラーペイントスプレーを探すことに。。

彼の車は、紫っぽいカラーだったことからこの記憶を元に、カラーコードを検索!

早速、ググッテ見ると、ホンダのフィットの紫っぽい色は、ブラックアメジスト・パールでRP37Pであることが判明。

このカラーペイントスプレーがあるかとさらにググってみたら、お馴染みの99工房では、タッチアップペンはあるもののスプレーは残念ながらなし!

それではということで武蔵ホルツではあるかとさらにググってみると。。。

ありました!

とりあえず、これで何とかできそうな目処が立ちました!

 

彼が到着するのを待つこと約2時間。。

ヘコんで現れるかと思いきや、そんなこともなく登場。

とりあえず、現状確認ということでシゲシゲと拝見したところキズ自体は浅く、致命的なヘコみはなく、トップコートのみの模様!

これならコンパウンドで磨きまくれば何とかなるのではと思い、二人で磨くこと約20分!

 

何とかなりました。

 

若干のキズはヨクヨク見れば分かってしまうものの、見事復活でした。

(磨き後の写真を撮るのを忘れてしまいましたが。。。)

 

よかったよかった!

 

でも、この辺のガラスコーティングはなくなっちゃいましたけどね。。

まぁ、何万もかけての修理代に比べればまぁよかったと。。。

 

 

Pocket