最近の投稿
最近のコメント
表示回数の多いページ

Posts Tagged ‘MONOTARO’

ついに175,000キロ達成!E51 エルグランド君のオイル交換をまたやってみた!今度はちょっと詳細に!

いつもたくさんの方が、こんなオヤジの自己満足サイトにいらっしゃってくださり感謝感謝です!

このサイトにいらっしゃる方の検索キーワードと見ていただけているページを分析してみると。。。

 

『エアコンベルトの交換方法』と『エンジンオイルの交換方法』が圧倒的に多く、みなさんそれなりに不安を感じながらも、ディーラーなんかでやってもらったら費用も高いし、自分でできないかなぁーなんて思いながらいろいろ検索されていらっしゃるのが良くわかります。

 

そういった方へ、今回は、ちょうど小生のオイル交換ローテーションの5,000キロが到達したこともあるので、以前よりちょっと詳細にレポートです。。。

ぜひ、参考にしていただき、DIYライフを楽しんでいただければよろしいかと。。。

小生の愛車のE51 エルグランド君も新車で購入して約9年目で175,000キロを突破したものの、まだまだ老体に鞭うってまだまだがんばってもらわなあきまへんから、こまめなメンテナンスは大事です!

クルマのメンテナンスの基本中の基本であるエンジンオイル交換は、思うほど難しくないんで、ぜひチャレンジされると、愛着もわくってモンですよ!

ちょうど、暑さも一段落してきたし、外でクルマいじりのシーズン到来ですしね!

 

そんなことで、とりあえずは、クルマの下に潜るためのスペースを確保するために、カースロープにクルマを乗っけます。

cimg1968

こんな感じ!

このカースロープはもちろんDIYで作った自作カースロープ!

CIMG1462

詳しくは、ここを見てね!

【安心感抜群!廃材のSPFを使ってカースロープを作ってみた】

http://norisuke.servehttp.com/wordpress/?p=1401

 

ボンネットを開けて、とりあえずオイルレベルゲージを抜いて、5,000キロ走行後のオイルの状態を見てみると。。。

cimg1969

こんな状態。。。

5,000キロでこんな真っ黒けになっちゃいます。。。

ちょっと粘度も落ちちゃってますね。。。

こういう状態で長期間ほっとくと、当然ながら潤滑効果もなくなっちゃいますから、磨耗も激しくなっちゃいますね。

それと、スラッジができて固まっちゃうと、フラッシングしたって、ちょっとらそっとじゃ落とせません!

そうなる前にこまめに交換をオススメしますね。

 

いよいよエンジンオイルを抜くんですけど、キレイに完全に近く抜くには、オイルパンにあるドレンから抜き取るのが一番いいんでしょうけど、このE51 エルグランド君のエンジンオイル容量は約4.7リットルもあります。

満タンの状態でいきなりドレンを開けて抜き取ると、排出の勢いが強すぎて、廃油の受け止めに失敗すると、地面が大惨事になっちゃうんで、このリスクを最小限にするために、オイルレベルゲージから抜けるだけ抜くという上抜きを先にしてから、最後にドレンから下抜きする方法を小生はしています。。(メンドクサイけどね。。万一のことを考えたらこっちのほうが安全やからね。)

 

ということで、まずは上抜きから。。。

まずは、ちょっとエンジンを回して油温を上げとくと抜けがいいですよ。

でも油温を上げすぎると、交換作業の時にヤケドしちゃいますから手で触れないほど熱くなっちゃってたら、冷ましてから作業しましょう!

 

上抜きする時に必要なものは、オイルを吸い上げるポンプ(オイルチェンジャー)ですね。。。

当然、DIY好きは、このポンプも自作します。。。

詳しくは、ここを見てね!

【なんと16万キロ走行!E51 エルグランド君のATF交換のためのオイルチェンジャーを自作してみる(さらに強化バージョン)。。。】

http://norisuke.servehttp.com/wordpress/?p=968

cimg1977

このオイルチェンジャーの吸上げ用のチューブをオイルレベルゲージの長さよりちょっと長いとこまで、オイルレベルケージのアナに突っ込みます。。

E51 エルグランド君は結構長いですよ。。。

cimg1976

オイルレベルゲージに突っ込んだチューブの反対側をオイルチェンジャーにつなげて、ダイソーのダブルアクションポンプ(改)もつなげます。。。

この時、タンクとなる塩ビパイプは、地面に置いておくとスムースに吸いあがりますよ。。

 

これで、上抜きの準備完了!

あとは、ダイソーダブルアクションポンプ(改)を数十回ほどポンピングしてやればOK!

cimg1978

こんな感じで吸い上がってきます。。。

このチェンジャーで約5分弱くらいで、エアーが噛みはじめて、上抜き完了!

E51 エルグランド君の場合、上抜きで抜ける量は、だいたい4リットルくらい。。。

なのでまだ多くの量がオイルパンや、フィルターの中に残っているということやね。。。

cimg1980

 

上抜き完了時の状態はこんな感じ。。。

75の1mの塩ビパイプの大体、1/3くらいかね。。。普通車ならこれで十分な容量やね。。

 

まだ、1リットル弱は抜けてないんで、いよいよ今度は下抜き。。。

今回は、前回にフィルターは交換したんで、フィルター交換はせずに、フィルター内に溜まってるオイルだけを抜いちゃいます。

 

E51 エルグランド君の下回りは、アンダーカバーで覆われているんで、作業スペースを確保するために、このアンダーカバーを外します。

手の小さい方であれば、サービスホールが開いてるので、ここから手を突っ込めばアンダーカバーを外さなくてもフィルターの取り外しはできますけどね。。。

まぁフィルター交換のついでにアンダー周りをシゲシゲと点検するんで、小生は毎回外します。。。

cimg1984

アンダーカバーはこんな感じのモノ。。。

小生のは、サービスホールのフタが無いです。。。知らぬ間に取れちゃってました。。。

緑丸のところで10mmのボルトで留まってます。。

 

取れたら、作業スペースが確保できるので、フィルターを緩めて、溜まったオイルを抜いちゃいます。。

cimg1986

真ん中の白い円柱の形のものがオイルフィルター。。

 

これに。。。

cimg1987

オイルフィルターカップにラチェットをつけて緩めます。。。

 

cimg1989

緩むとチョロチョロと廃油ゲージを通って、オイルが落ちてきます。。。

必ず、緩める前に廃油容器を下に置いときましょうね。。

フィルターは一度、取り外して逆さまにして、フィルターの中に溜まっていたオイルも抜いておきます。。

cimg1990

フィルターを取った状態はこんな感じ。。

cimg1991

小生はいつもMonotaroのフィルターを愛用してます。。安いしね。。

Monotaroのフィルターの型番は、NO-14です。。。ご参考まで。。

【Monotaroのフィルター販売ページ】※別にMonotaroの回し者ではありません。。。ご安心ください!

https://www.monotaro.com/p/0960/0762/?t.q=%83I%83C%83%8B%83t%83B%83%8B%83%5E%81%5B

 

フィルター周りはこれで完了!

逆の手順で、フィルターを取り付けて、終了!

 

次は、オイルパンのドレンからの下抜き。。。

下抜きは単純で、オイルパンに付いているドレンボルトを緩めて排出するだけ。。。

cimg1992

ドレンボルトの位置はこんな感じ。。

ちょうど、運転席側の前輪のちょっと後方ってとこですかね。

cimg1994

下から見たらこんな状態。。

cimg1995

内側から見るとこんな状態。。

ここに14mmのメガネで緩めます。。

cimg1996

こんな感じで排出される時の放物線を計算して、落下地点に廃油受けを置いときます。

これをトチルと大惨事です。。。心して望みましょ!

大体、500ccくらいは抜けます。。。

 

ドレンボルトを抜いて完全に抜けきったら、再度、ドレンボルトを締めて、これでエンジンオイルの排出は完了!

ドレンボルトを締める時は、締めすぎないようにすることがポイント!

あまりきつく締めすぎると、ボルトをナメちゃいます。

ナメちゃうとオイルパンごと交換せにゃいかんようになるんで、要注意!ホドホドに。。。。

 

あとは新油を入れるだけ。。

cimg1970

今回もいつもの名コンビの『ケーヨーD2 オリジナルエンジンオイル 5W-30 SN/GF-5』と『ZIC 10-30』

プライベートブランド物なので安いのが魅力! 1880円なり!

これで、全合成油(グループ3やけどね)

cimg1974

こんな感じの宣伝文句があって。。。

cimg1973

製造元は、添加剤なんかで有名な、パルスター株式会社!

もうまったく持って問題なしです。。。

レースとかドラフト走行なんてまったく縁がない、街乗りたまに遠距離走行ユーザーなんで、これで十分!

もう数年間こればっかりやけど何の問題もないんでこれがコストパフォーマンスに優れていていい感じです!

※またまた、別にケーヨーD2の回し者ではありませんのでご安心ください!

 

これに。。。

cimg1998

こんな感じにノズルをつけて。。。

cimg1999

注入しちゃいます。。。

E51 エルグランド君のオイル注入口は、けっこう奥まったところにあるので、注入は大変です。。

しかも注入口は小さいから、漏斗なんかで一旦受けてやらなければ漏れちゃいそうです。。。

 

とりあえず、4リットル以上を注入せねばならないので、1缶全部を入れちゃいます。。

入れたら、一度、レベルゲージで量の確認をして調整します。。。

全然足りないので、ZICのオイルも300ccほど足して。。。

 

大体、ゲージの許容範囲になったら、エンジンを始動させて10分ほどアイドリング!

10分たったら、エンジンを止めてまた10分ぐらい放置!

 

10分たったら、レベルゲージを確認して。。。

cimg2001

許容範囲内であれば完了!

あとは、アンダーカバーを戻して終了!

 

自治体にもよるんでしょうけど、排出した廃油は、スーパーのレジ袋を何重かにして、その中に新聞紙なんかを入れて、染み込ませて、口を縛って、ダンボール箱に入れれば、普通ごみで捨てれます。。

こんなもんで簡単にできますね!

 

 

フィルターを変える必要がなければ、オイルチェンジャーで上抜きだけでできちゃいますね。

わざわざオートバックスやイエローハットなんかで、高いオイルとオイル会員の年会費を払わなくても、ホームセンターで売っている安くて良いオイルで十分な方には、オススメのDIYです。

ぜひ、お試しください!

 

 

Pocket

忘れてませんか?オイル交換!自分で簡単にできます!E51 エルグランド君のオイル交換

車検が迫ってきたので、”汁物”交換の第二弾!

ちょうど、交換時期でもあり、年末の帰省の長距離移動にも備え、オイル交換をすることに。。。

このE51エルグランド君の指定オイルは5W-30だけど、気温の低い冬だし、ちょっとやわらかいオイルでひょっとしたら燃費向上も図れるかと思いもあり、希望的観測で、今回は、ちょっと前から気になってた0W-20のオイルにしてみることに決定!

 

ということで、我が家のいつも行きつけのケーヨーD2でオイルを調達。。

のりすけエルグランドのエンジンオイル交換ローテーションは、5000キロ毎と決めているし、決してハードな走りをするわけでもないし、切ない貧乏サラリーマンなので、高級なオイルはハナからパス!

質より回数という方針で、こまめに交換することをモットーとしてるので、今回選んだのはケーヨーD2のプライベートブランドオイル4リットル

さらに、E51エルグランド君は、エレメントを交換して徹底的に抜くとオイル量は4.7リットルにもなるので、4リットル缶では不足してしまう。。。

今回は、初の0W-20の実験なので、ちょっと不安もあるので、不足分を10W-30でブレンドしてしまおうということに。。。

CIMG0891

そんで、今回調達したのがこれ!

ケーヨーD2オリジナルブランド SN規格の 0W-20

いちおう、全合成油だそうです。でもきっとグループ3でしょうね。

それとともに、10W-30のフツーのエンジンオイル

製造元は、添加剤なんかでは結構有名なパルスター社でした。これなら特に不安はないですわ。

今回は、オイルエレメントも交換するんで、以前に送料無料にするために金額調整のために購入しておいたMonotaroのオイルエレメントも準備して、作業開始。

 

とりあえず、いつもの手作りカースロープに乗っけて、さっさと作業するために、まずは上抜きから着手。

オイルレベルゲージを抜いてそこから、電動ポンプで抜けるだけ抜いちゃいます。

CIMG0895

>【送料無料】電動式 オイルチェンジャー 上抜き方式 12Vバッテリー専用 バイクや自動車のオイルを簡単交換 オイル交換 自動 電動ポンプ オイルポンプ 車 バイク ◇RZ-CHANGE

価格:2,880円
(2017/3/26 16:26時点)
感想(0件)


電源オンで抜き開始!

CIMG0899

こんな感じで抜けていきます。。。

(後日、オイルチェンジャーを自作してみました!結構簡単にできて便利です!)

 

電動ポンプじゃなくて真空式のほうが速いそうなんですけど、値段も高いし、大きいし、少々時間がかかっても問題ないので、いつもこれを使ってます。。。

5分くらいで、上抜きで抜ける分は大体4リットル弱ってとこですかね。なので、まだ1リットルくらいは残ってるってことになりますね。

そんで、今度は、エレメントの交換のために、下に潜ります。。。

E51エルグランド君には、アンダーカウルの一部にオイルエレメント交換用のサービルホールが空いてはいるものの、これが狭い!

交換作業するには作業しにくいので、アンダーカウルを外しちゃいます。

CIMG0902

>エーモン G702フィルターレンチ 小径用

価格:1,296円
(2017/3/26 16:46時点)
感想(0件)


外したらこんな感じの工具で、エレメントを緩めちゃいます。。。

E51エルグランド君はエレメント周辺のスペースがあまり広くないので、今回は、右側のカップ型のものにラチェットをつなげて、ゆるめちゃいます。

CIMG0901

ターゲットはこいつ!

こいつを緩めて交換します。。

交換すると、上側に写ってるベローンとしたところからエレメントに残ってるオイルが流れてきます。。。

ここから抜けるオイル量がだいたい500cc弱くらいってとこですかね。。

 

さらに念入りに徹底的に抜くために、今度は下抜きを。。。

CIMG0905

オイルパンにあるドレンボルトを14ミリのメガネで緩めます。。。

CIMG0906

ドレンボルトを抜くとドピャーッって勢いよく排出されるんで要注意!

ここから1リットル近く抜けて、ようやく、ほぼ全量抜けます。

 

今度は、オイルを注入することに。。。

4.7リットルも入れなければならんのでとりあえず、ドボドボ1缶全部入れちゃいます。。

CIMG0913

E51エルグランド君のオイル注入口は奥のほうにあるので、ロートを使ってチビリチビリ入れます。。。

今回のケーヨーD2オリジナルオイルは緑色をしてますな。。。

チビリチビリ入れて、こまめにレベルゲージを確認しながら、ゲージの真ん中くらいになったら、エンジンをかけて約10分くらい回します。。。。

そのあとは、エンジンを止めて5分くらい待ちます。。。。

待った後に、レベルケージをもう一度見てみて。。。

CIMG0921

ちょっと高めだけどまぁいいか。。。

オイル交換終了!

 

さてさて、0W-20 & 10W-30 オリジナルブレンドでどんな結果となることやら。。。

 

追記!

この記事では電動オイルチャンジャーを使いましたが、その後に製作した手動式のオイルチェンジャーがなかなか便利です!

ぜひ製作されるとお手軽にできますよ!

ちなみにこのATF交換用に製作したオイルチェンジャーです!

http://norisuke.servehttp.com/wordpress/?p=968

これを使ってやってみた様子はこちら!

http://norisuke.servehttp.com/wordpress/?p=1451

簡単にしかも格安にできるんでお試しください!

 

もっと詳細な記事にしてみました!

こっちの記事のほうがわかりやすいかもね!ぜひ見てね!

http://norisuke.servehttp.com/wordpress/?p=2144

Pocket